【キャデラック XT5クロスオーバー】SRX後継、10月28日に日本デビュー | Push on! Mycar-life

【キャデラック XT5クロスオーバー】SRX後継、10月28日に日本デビュー

自動車 ニュース

キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
  • キャデラックXT5クロスオーバー
ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックの新型SUV『XT5クロスオーバー』を10月28日から発売すると発表した。

XT5クロスオーバーは、ミドルサイズSUV『SRXクロスオーバー』の12年ぶりとなるフルモデルチェンジ版として、車名も新たに登場。超高張力鋼を多用した新開発のボディフレーム、GMが特許を持つ軽量構造用接着技術などにより、従来比190kg減という軽量ボディと高剛性を両立。俊敏な走りを実現しながら、優れた安全性能と従来比10%の燃費向上を達成している。

パワートレーンは最高出力314psを発生する新世代3.6リットルV6エンジンと新型8速ATの組み合わせ。状況に応じて6気筒から4気筒に自動に切り替えるアクティブフューエルマネジメント(気筒休止)やアイドリングストップシステムも備える。

ボディサイズは全長4825×全幅1915×全高1700mmと、SRXに比べ全高は10mm高くなったものの、全長は30mm短く、幅は5mm狭く、ややコンパクトとなり、取り回しも良好。エクステリアにはキャデラックの新デザイン言語を採用。従来のエッヂが効いたラインに加え、流線型の滑らかなラインを織り交ぜ、洗練されたフォルムの中に力強さを感じるデザインとしている。インテリアはエレガントな品格と素材の質感にこだわったデザインとし、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応する最新インフォテイメントシステムを備え、快適なドライブを実現する。

そのほか、レーダー、カメラ、超音波センサーを駆使した先進のセーフティデバイス、運転状況を監視し必要に応じて注意を促す「ドライバーアウェアネスパッケージ」やドライバーの運転操作をアシストする「ドライバーアシストパッケージ」を装備する。

価格は「ラグジュアリー」が668万5200円、「プラチナム」が754万9200円。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top