【グッドウッド2017】アストンマーティン ヴァルカン に「AMR」…サーキット専用車が進化 | Push on! Mycar-life

【グッドウッド2017】アストンマーティン ヴァルカン に「AMR」…サーキット専用車が進化

自動車 ニュース

アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
  • アストンマーティン・ヴァルカンAMRプロ
英国のスポーツカーメーカー、アストンマーティンは6月30日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『ヴァルカン AMRプロ』を初公開した。

『ヴァルカン』は2015年春、ジュネーブモーターショー2015で発表。アストンマーティンが極めて少数の顧客のために開発したサーキット専用のスーパーカー。モータースポーツから得たノウハウを注入し、限定24台を生産する。

ヴァルカンのハイライトは、パワフルなエンジン。フロントミッドシップに搭載される7.0リットルV型12気筒ガソリン自然吸気ユニットは、最大出力800ps以上を引き出す。トランスミッションは、Xtrac製の6速シーケンシャルで、リアミッドにレイアウトされる。

今年のグッドウッドで初公開されたヴァルカン AMRプロは、ヴァルカンにさらなるパフォーマンスを求める顧客のために、新ブランドのAMR(アストン・マーティン・レーシング)が開発を担当。AMRは、アストンマーティンのモータースポーツ活動から得られたノウハウを市販車に投入し、さらなる高性能化を図ることを目的に立ち上げられたブランド。

ヴァルカン AMRプロでは、エアロダイナミクス性能をさらに追求。新デザインのリアウイングはデュアルプレーンデザイン。可変式のフラップも導入する。これにより、ダウンフォースをおよそ1.3倍に引き上げた。また、フロントには大型リップスポイラーとカナードを採用。エンジンカバーをカーボンファイバー化することで、5kgの軽量化も果たしている。
《森脇稔》

特集

page top