オーディオテクニカ、パワーアシストボックスなど3製品を4月7日より発売 | Push on! Mycar-life

オーディオテクニカ、パワーアシストボックスなど3製品を4月7日より発売

オーディオテクニカは、大阪オートメッセで初公開したパワーアシストボックス「AT-RX60」、ハイ/ローコンバーター「AT-HLC150」「AT-HLC250」を4月7日に発売すると発表した。

カーオーディオ 新製品情報
パワーアシストボックス AT-RX60
  • パワーアシストボックス AT-RX60
  • ハイ/ローコンバーター  AT-HLC150
  • ハイ/ローコンバーター  AT-HLC250
オーディオテクニカは、大阪オートメッセで初公開したパワーアシストボックス「AT-RX60」、ハイ/ローコンバーター「AT-HLC150」「AT-HLC250」を4月7日に発売すると発表した。

AT-RX60は、内部配線材にクイントハイブリッド導体を採用した「AT-RX09」を使用し、明確な定位と広いレンジ感を実現。また、自動車のエンジンを停止した際に、コンデンサーへ電流を流さない「アシストセーブ機能」を搭載し、製品の性能を長期間保持できる。価格は4万3000円。

AT-HLC150は、純正カーナビまたはライン出力がないヘッドユニットのスピーカー出力に接続することで、ライン出力が可能になるほか、ACC電源をリモート出力化。パワーアンプやチューンナップウーファーに接続すると、ACC電源を遅延させ、システム電源立ち上げ時に発生する雑音を低減させるポップノイズ抑制機能を装備する。価格は5500円。

AT-HLC250は、ヘッドユニットの出力を高品質ユニットのように変化させる超高音質ハイ/ローコンバーター。ニッケル銅を使用したオーディオグレードトランスを採用し、ノイズの混入を防止するほか、日本製コンデンサー採用など、構成パーツにもこだわり、ヘッドアンプの出力レベルを補正し、音質を改善できる。価格は1万3000円。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top