ランボルギーニ ウラカンの高性能版、ニュルで6分52秒…918スパイダーとアヴェンタドールSV凌駕 | Push on! Mycar-life

ランボルギーニ ウラカンの高性能版、ニュルで6分52秒…918スパイダーとアヴェンタドールSV凌駕

イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニの『ウラカン』に設定される予定の高性能モデル。同車がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、優れたラップタイムを計測した。

自動車 ニュース
ランボルギーニ ウラカンの高性能版がニュルで6分52秒01を計測
  • ランボルギーニ ウラカンの高性能版がニュルで6分52秒01を計測
イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニの『ウラカン』に設定される予定の高性能モデル。同車がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、優れたラップタイムを計測した。

これは3月1日、ランボルギーニが明らかにしたもの。「ウラカンの高性能モデルが、ニュルブルクリンク北コースにおいて、6分52秒01のタイムを記録した」と公表している。

6分52秒01のタイムは、ポルシェ『918スパイダー』が2013年に打ち立てた6分57秒、同じくランボルギーニの『アヴェンタドールSV』が2015年に計測した6分59秒73を上回るもの。

また、ランボルギーニは今回、この高性能モデルの車名を、「ペルフォマンテ」と公式発表。3月7日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2017において、ワールドプレミアを飾る。
《森脇稔》

特集

page top