【VW パサート Rライン 試乗】クルマ好きのジレンマを解決する1台…島崎七生人 | Push on! Mycar-life

【VW パサート Rライン 試乗】クルマ好きのジレンマを解決する1台…島崎七生人

ヴァリアントのR-Line同士で見ると、以前の1.4と新しい2.0では外観上はホイールサイズが異なる。19インチ(1.4の標準は18インチだった)にサイズアップした2.0は、静かに凄みを効かす…そんな雰囲気だ。

自動車 試乗記
VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
  • VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line
ヴァリアントのR-Line同士で見ると、以前の1.4と新しい2.0では外観上はホイールサイズが異なる。19インチ(1.4の標準は18インチだった)にサイズアップした2.0は、静かに凄みを効かす…そんな雰囲気だ。

もちろんスペックは大きく向上した。220ps/35.7kgmは、150ps/25.5kgmだった1.4と較べるまでもない。このことで厳然たる事実としてはカタログ記載のJC08モード燃費が20.4km/リットルから15.0km/リットルに書き変わった。車重も1510kgから1560kgへとプラスになっている。

では果たして新しい2.0はどう変わったのか?というと、大人の高性能ワゴン度を増した…という印象。19インチタイヤで懸念された乗り心地の悪化やロードノイズの増大は感じられず、車重が増した分、低速からスムースでどっしりとした乗り味になっていて、快適性はまったく問題なし。

が、走り込めば、2.0の“効力”を実感する。エンジン回転を上げるにつれパワーは切れ味が増しボディをグイグイと加速させる。走行モード(ドライビングプロファイル)を切り替え、“SPORT”を試すと、アクセルレスポンスがよりシャープになり、一段とパワフルな走りも披露する。サスペンションやステアリング系、ボディは、ダイナミックな走りもサラッと受け止めるポテンシャルがあるため、不快、不満に思えることはまったく何もない。

本当はスポーツカーを持ちたいが、現実的には1台で済まさなければならない…世の多くのクルマ好きがクルマ選びのたびに直面するのは、そんなジレンマなのでは? しかしこのR-Lineであれば、語尾をネガティブにする必要はなく、1台で秀逸な実用ワゴンとスポーツカーを手に入れた…とポジティブに納得がいくはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

特集

page top