圧倒の380馬力...メルセデスAMG C43改良新型がGT-R顔に!? 隠されたグリルの秘密 | Push on! Mycar-life

圧倒の380馬力...メルセデスAMG C43改良新型がGT-R顔に!? 隠されたグリルの秘密

自動車 スクープ

メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
  • メルセデス AMG C43スクープ写真
メルセデスのコンパクトセダン、「Cクラス セダン」のハイパフォーマンスモデル「AMG C43」改良新型プロトタイプを、Spyder7のカメラが北欧で初めて捉えた。

ヘッドライト、フロント&リアバンパー、エアダクトのデザインが一新されることは容易に想像出来るが、注目は隠されたフロントグリルだ。

これまでAMGのグリルと言えば、ドットが散りばめられたデザインだったが、改良新型では、縦にメッキフィンが配置される「パナメリカーナ・グリル」が採用され、「AMG GT-R」風マスクに変更される可能性があるようだ。

AMGの次世代アイコンとなる、パナメリカーナグリルは、C43をよりワイルドに、そしてスポーティーに引き立てるだろう。

パワートレインは3リットルV型6気筒に代わり、直列6気筒を搭載し、最高馬力は380ps程度に引き上げられる可能性高い。

また、インパネにはEクラスに採用された高解像度デュアルディスプレイを搭載し、インフォテインメントシステムのアップデートがなされる。

ワールドプレミアは2017年、ベースの「Cクラス」と同時公開される可能性もある。
《Spyder7 編集部》

特集

page top