【VW ティグアン 新型】インターネットと接続し、新たなSUVの使い方を提案 | Push on! Mycar-life

【VW ティグアン 新型】インターネットと接続し、新たなSUVの使い方を提案

自動車 ニュース

新型ティグアンの発表会場(東京国際フォーラム)は、“つながるSUV”を前面に打ち出したスタイル
  • 新型ティグアンの発表会場(東京国際フォーラム)は、“つながるSUV”を前面に打ち出したスタイル
  • 『Car-Net』はWi-Fiテザリングを介してインターネットにつながる
  • 運転席周りはオーソドックスながら質感の高い雰囲気を醸し出す
  • 新型ティグアン TSI R-Line
  • “Discover Pro”のMENUを起動すると『Car-Net』の入口が表示される
  • 『Car-Net』ではNAVITIME提供による駐車情報を表示。リアルタイムの満空情報が把握できる
  • 『Car-Net』ではガソリンの最新価格情報も表示。距離順と価格順で並べ替えも可能だ
  • Googleマップの表示を可能にしたほか、ストリートビューで詳細な状況も確認できる
フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、最新プラットフォーム「MQB」を採用した新型『ティグアン』を発表した。モデルチェンジのポイントは“つながるSUV”にあった。

発表会で挨拶に立ったVGJの代表取締役ティル・シェア氏は新型ティグアンを「SUVとして初のMQBを採用して、デザインや快適性、機能性の分野で未来を先取りするオールラウンダーとなった」と説明する。特にティル・シェア氏が力を込めたのがコネクティビティへの対応だ。

フォルクスワーゲンではこれまでも『ゴルフ』や『パサート』などに「Car-Net」対応のDiscover ProやComposition Mediaを搭載してきており、新型ティグアンにもこれらの機能を搭載。クラウド接続による目的地検索や、グールマップを活用した新たなナビゲーション環境を提供する。

Discover Proの搭載は「Highline」、「R-Line」の二つのグレードに標準設定し、「Comfortline」にオプション設定する。

Discover Proは他のVW車と同様、8インチ大型フルカラー タッチスクリーンにレスポンスに優れた大容量SSD 64GBを搭載したもので、インターネットへは手持ちのスマートフォンをテザリング経由で接続する。ニュースや天気予報など最新の情報をリアルタイムで取得できる他、エリアを越えた交通情報を反映できるオンラインルート探索にも対応した。

コネクティビティ機能App-Connectでは、MirrorLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応しており、対応するスマートフォン内のアプリケーションを車載器の画面上で閲覧し、音声を使った操作も可能としている。

新型ティグアンはSUVとしてのユーティリティを持ちながら、インターネットとの接続性を高めることで、新たな使い方を提案する未来志向のSUVと言えるだろう。
《会田肇》

特集

page top