【東京オートサロン2017】ALPINE STYLEからカスタマイズカーが登場 | Push on! Mycar-life

【東京オートサロン2017】ALPINE STYLEからカスタマイズカーが登場

自動車 ニュース

アルパインスタイル ブース(東京オートサロン17)
  • アルパインスタイル ブース(東京オートサロン17)
  • アルパインマーケティング 岩渕和夫社長
  • 人気のヴェルファイアのコンプリートカーも登場
  • アルパインスタイル ブース(東京オートサロン17)
アルパインマーケティングは、本日1月13日より開幕した「東京オートサロン2017」において、「ALPINE STYLE カスタマイズカー」を展示している。

アルパインというとカーナビ・カーオーディオのイメージがあるが、今回発表したのは内外装も含めて”ALPINE STYLE"のイメージで統一したカスタマイズカーだ。

アルパインマーケティングが2015年に発表した”ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン”は、車種ごとに最適なフィッティングを追求することで、多くの支持を集めている。そして今回は、カーエレクトロニクスだけでなく、クルマ1台まるごとALPINE STYLEとしたカスタマイズカーを企画開発した。

大画面ナビ”ビッグX”を中心としたカーエレクトロニクスから、シートカバーやステアリングなどのインテリアパーツ、さらにエアロやホイールなどのエクステリアパーツもオリジナルで開発した。

今回の東京オートサロンでは、トヨタ『ハリアー』『ヴェルファイア』、ホンダ『ヴェゼル』、マツダ『CX-3』の4車種を発表している。

カスタマイズカーの販売は、アルパインの公式直販Webサイト「アルパインストア」と、オーソライズドディーラー1号店となる福岡の「ニューズカーズ」にて、4月1日より販売を開始する予定だ。

ブースを訪れていたアルパインマーケティングの岩渕和夫社長は、「アルパインブランドならではの高品質なトータルコーディネイトを、ぜひ体感してほしい」と話した。
《佐藤耕一》

特集

page top