【スズキ スイフト 新型】鮮やかさと深みを意識したカラー…エッジと丸み | Push on! Mycar-life

【スズキ スイフト 新型】鮮やかさと深みを意識したカラー…エッジと丸み

フルモデルチェンジしたスズキ『スイフト』は2色の新色を含む多彩なカラーラインナップを揃えている。

自動車 ニュース
スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
  • スズキ・スイフト新型
フルモデルチェンジしたスズキ『スイフト』は2色の新色を含む多彩なカラーラインナップを揃えている。

新型スイフトのカラー開発について、スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課宮澤貴司さんは、「鮮やかさと深みを意識した」と述べる。また、「ラインナップ全体で色相のバランスをとることはもちろん、新型スイフトの特徴である、前後フェンダーを通る(キャラクターラインの)エッジの部分と ドア断面の丸みの表情が一番きれいに見えるカラーを基準に選んだ」という。

新色は青のスピーディーブルーメタリックと赤のバーニングレッドパールメタリックだ。この2色を追加した理由について、「スイフトは初代の赤のイメージが強いこと。また、世界戦略車として欧州ではブルーも訴求していることから、今回も外せないと考えこの2色を開発した」と説明。

この赤は通常の2コートではなく3コートで塗装されている。宮澤さんは「赤の深みと鮮やかさを両立したカラーに仕上がった」と自信を見せる。

また、「赤はどうしてもラインや面などが潰れやすく、常に明るいところからシェードのところまできれいな赤を保つのが難しい。そういうこともあり、この赤だけは3コートを採用した」と述べる。そして、「純粋にスイフトの造形をきれいに見せる赤とは何だろうということに一番力を注いだ」と話す。

一方青は、「色相的に鮮やかさと深みは2コートで出せるので、そのうえで出来る限り(鮮やかさと深みの)両立を意識して開発した」と語った。
《内田俊一》

特集

page top