【トヨタ C-HR】グローバルでは年17万台を販売 | Push on! Mycar-life

【トヨタ C-HR】グローバルでは年17万台を販売

自動車 ニュース

トヨタC-HR 1.2リットルターボ車
  • トヨタC-HR 1.2リットルターボ車
  • トヨタC-HRの開発責任者、古場博之主査
  • トヨタC-HR北米仕様
トヨタ自動車は12月14日、コンパクトSUVの新モデル『C-HR』を発売した。昨年末に発売した新型プリウスに次ぐTNGA(トヨタ・ニューグローバル・アーキテクチャー)による開発モデルの第2弾。グローバルでは年17万台の販売をめざす。

国内向けは1.2リットルのターボエンジンを搭載した4WDと、プリウスと同じ1.8リットルエンジンのハイブリッド車(HV)の2タイプ。HVはFF車のみの設定としている。価格は約251万円から約290万円で、国内では月間6000台の販売を計画している。

生産はトルコ工場とトヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)で立ち上げており、それぞれ年10万台と7万台の計画。トルコ工場からは欧州各国や南アフリカ、米国などへ供給する。また日本の生産分は国内向けのほか豪州などにも輸出する。開発責任者の古場博之主査によると「グローバルでは100か国を上回る国・地域で販売する計画」という。

パワートレインは、国内向けの2タイプを海外にも投入する。ただし、17年に発売する米国向けは2.0リットルの自然吸気式ガソリンエンジンのみとするなど、地域の需要特性に応じた対応も図っていく。
《池原照雄》

特集

page top