【ホンダ フリード 試乗】“大きいことはいいこと”とは限らない日本のために…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【ホンダ フリード 試乗】“大きいことはいいこと”とは限らない日本のために…諸星陽一

自動車 試乗記

ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
  • ホンダ フリード ハイブリッドEX
2代目となる『フリード』は、先代を上まわる性能を目指して各種寸法、機能をブラッシュアップして登場した。

ボディサイズは従来どおり5ナンバー枠に収まるもの。『ステップワゴン』と比べると、全幅は同一、全高はFFで130mm、4WDで120mmフリードが低く、全長は425mmフリードが短い(ステップワゴン標準タイプ比)。こうなると室内空間の余裕がないように感じるかもしれないが、クラスを考えれば十分なスペースを確保している。

もちろん3列シートそれぞれに人が乗ってしまうとラゲッジスペースはさほど確保できないが、2列までしか使わないならラゲッジスペースも含めて必要十分。6人が乗れる、もしくは4人+荷物という使い方を求める人にピッタリのクルマということになる。でも、いざというときにたくさんの荷物が積めたほうが便利…という考えならステップワゴンを選ぶことになるのが人情だ。

しかし、考えてみてほしい、普段は使わない空間をずっと持ち歩かなくてはならないのはやっぱり無駄だ。住んでいる家が広く、周囲の道も広く、いつも行く場所の駐車場も広大で、ガソリン代などのランニングコストも気にならない生活なら“大きいことはいいことだ”で済むが、扱いやすいサイズのクルマを求めるならフリードあたりがちょうどいいはず。

フリードハイブリッドのパワーユニットは110馬力のエンジンと29.5馬力のモーターの組み合わせ。ミッションはデュアルクラッチ式AT。モーターのみ、エンジンのみ、エンジン+モーターのハイブリッド走行の走行パターンを組み合わせた複雑な走行モードで走るが、それを探るようにしない限りなにを使って走っているかはわからない。とにく際立った走りのフィーリングはないが、使いやすいものとなっている。

ハンドリングも際立ち感こそないものの、よくまとまっていて使いやすい。もちろんガンガン攻め込んで走るようなセッティングではないが、ミニバンとはいえホンダらしいシャープさを持っている。それでいて、ファミリーユースでも十分に対応できるだけの乗り心地も確保しているのは上手なところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top