1960年代から最新のマセラティまで…23rdマセラティデイ開催 | Push on! Mycar-life

1960年代から最新のマセラティまで…23rdマセラティデイ開催

11月26日から27日にかけて、23rd マセラティデイが開催された。主催はマセラティクラブオブジャパン。

自動車 ニュース
マセラティ ボーラ
  • マセラティ ボーラ
  • マセラティ メラク
  • 右からマセラティ ミストラルスパイダー、ギブリ、セブリング、メラク、ボーラ
  • 左からマセラティ ザガートスパイダー、ボーラ、メラク、セブリング、ギブリ、ミストラルスパイダー
  • マセラティ セブリング
  • マセラティ ギブリ
  • マセラティ カリフ
  • マセラティ 222E
11月26日から27日にかけて、23rd マセラティデイが開催された。主催はマセラティクラブオブジャパン。

毎年開催場所を変えながら行われているマセラティデイ。昨年は鈴鹿サーキットを舞台に開催されたことから、今年は東へ場所を移し、ヒルトン小田原リゾート(神奈川県小田原市)をベースに開催された。

エントリー台数は40台以上。『セブリング』や『ミストラルスパイダ―』『ギブリ』といった1960年代のヒストリックカーから、1980年代にガレーヂ伊太利屋がディストリビューターとして様々なバリエーションを数多く輸入した『ビトゥルボ』系モデル。そして、最新の『レヴァンテ』までが会場に集まった。

26日は午後に開場に集合。会場のチャペル周辺に車両を展示しながら、クラブ会長の越湖信一氏による車両解説が行われた。その内容は氏がイタリアへ直接赴き取材した内容に基づくもので、当時の開発エピソードから、開発者から聞いた話や評価に至るまで、他ではなかなか聞くことのできない貴重なものであった。また、同時にオーナーインタビューも行われ、自慢の愛車にまつわる挿話やヒストリーが語られた。

また、後援のマセラティジャパンによるレヴァンテの試乗会も実施。参加者は積極的に最新のマセラティを味わっていたようだ。

初日はその後各自ホテルにチェックイン後、ディナーパーティを楽しみ、翌27日は箱根方面へツーリング。その後ランチパーティを行った後解散となった。
《内田俊一》

特集

page top