【マツダ ロードスターRF】美しさのカラーラインナップを作り上げたい | Push on! Mycar-life

【マツダ ロードスターRF】美しさのカラーラインナップを作り上げたい

マツダ『ロードスターRF』には、より上質さを表現するために、ソフトトップにはないボディカラー、マシングレープレミアムメタリックが設定されている。

自動車 ニュース
マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
マツダ『ロードスターRF』には、より上質さを表現するために、ソフトトップにはないボディカラー、マシングレープレミアムメタリックが設定されている。

これは、「金属質、硬質なまさに名前の通りマシンを表現したいというカラーだ」とは、マツダデザイン本部プロダクションデザインスタジオカラー&トリムデザイングループアシスタントマネージャーの星正広さんの弁。このカラーは、“匠塗”の第2弾として開発され、これまでに『アテンザ』や『アクセラ』などに設定されてきた。

「ソウルレッドは感情を表現、訴えるようなカラーで、マツダの情熱を表現している。そしてマツダブランドの中心となるカラーだ」と星さん。一方でマシングレーは、「機械を表現しているソウルレッドとは真逆な世界観だ」と述べる。

今後は、「ソウルレッドを中心に据えカラーラインナップを揃えていく」とし、そのその最初がマシングレーだとした。

また、将来的には、「モノの深みや艶やかさを重点に置いたカラーなど、人の情を表現したソウルレッドを支えていくいろいろな質感や視点を表現するカラーを揃えていきたい」とコメント。

星さんは、「我々はクルマを、美しいアートマシンと呼んでおり、クルマを工芸品レベル、美しい芸術品にしたいという思いがある。その美しさにユーザーの心をぐっと惹き付けて、クルマに愛着を持ってもらいたい」と話す。その第1弾がソウルレッドで、その美しさを表現した。

そして、「情を表す色だけが美しさの表現ではない。例えば、昔のF1のモノコックボディから来る“マシン感”も美しい。戦闘機の機能美もそうだ。更には不必要なものを削ぎ落した、茶室にある茶器類などのシンプルな道具にも美しさがある」と述べ、「その美しさというのをひとつひとつ表現したい。それが揃った時に、マツダの情を表す赤を中心とした美しさのラインナップをユーザーに提供できるのだ」と想いを語った。
《内田俊一》

特集

page top