【アバルト 124スパイダー 6AT 試乗】エンジンとのマッチングはMTよりずっといい…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【アバルト 124スパイダー 6AT 試乗】エンジンとのマッチングはMTよりずっといい…諸星陽一

『ロードスター』の131馬力に対し、170馬力エンジンを積んだアバルト『124スパイダー』の6ATモデルが追加され、試乗会が開催された。

自動車 試乗記
アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
  • アバルト 124スパイダー 6AT
『ロードスター』の131馬力に対し、170馬力エンジンを積んだアバルト『124スパイダー』の6ATモデルが追加され、試乗会が開催された。

アバルト124スパイダーは広島にあるマツダの工場で製造されるモデルだが、今まではMTモデルのみが製造されていた。そうしたなかATモデル5台のみが試乗会に間に合わせるかのように製造され出荷となった。試乗会の時点で世の中に存在するアバルト124のATモデルは5台のみという状況であった。

ギヤボックスはロードスターと同じということで、ギヤ比をチェックしてみるとNC(先代)、ND(現行)と同じ数値、ただ最終減速比はロードスターよりも低く(重く)、設定され加速よりも高速巡航、燃費重視であることがわかる。このあたりはヨーロッパブランドらしいセッティングだ。

エンジンを始動し、セレクトレバーをDに移せば、あとはアクセルを踏むだけで発進する。ごく当たり前のフィーリングでATらしい。じつはアバルト124スパイダーに搭載されている1.4リットルターボエンジンは、極々低速のトルクが細く、MTだと回転を上げめで発進しないとギクシャクしてしまう。ATの場合はスムーズな発進が可能で、非常に好感が持てる。

もちろんマニュアルモードもある。Dレンジのままステアリングコラムのレバーを操作してもマニュア操作が可能だが、マニュアルモードを維持したいのであればセレクトレバーを横にスライドし、マニュアルモードにしてしまう必要がある。マニュアルモードで走行時は停止すると1速からのスタートとなるが、2速を選んで2速でスタートすることも可能。

ギヤのセレクトはセレクトレバーとステアリングコラムのレバーのどちらでも可能だ。エンジン回転が3000回転を超えてからの加速感は気持ちいいが、やはり低めの回転数は苦手なようで加速感が鈍る場面もあった。また一般道を走る40~50km/hで3速と4速を行ったり来たりする変速があり、日本の道路とのマッチングをもう一考してほしい感じだ。ATにもスポーツモードを備えて(ロードスターはATのみだが124はMTにもATにもスポーツモードがある)いて、スポーツモードを選ぶことでシフトポイントが変わるので、これをうまく使えばスムーズな運転が可能かもしれない。

価格はMTよりも10万円高の370万円となる。ロードスターもMTとATの価格差は10万円なので良心的。アバルト124は日本で作られていることもあり、販売価格は抑えられているという。輸送費なども国産車と同じなのだ。ワールドワイドで見ても、アバルト124スパイダーがもっとも安く買えるのは日本だという。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top