「ルマンのための」ポルシェ、911 RSR を公開 | Push on! Mycar-life

「ルマンのための」ポルシェ、911 RSR を公開

自動車 ニュース

Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
  • Porsche 911 RSR(MY2017)
ポルシェが2017年のルマン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(WEC)等に参戦するための新たなLMGTEマシン「911 RSR」(MY2017)を公開した。「ルマンのための」と位置付けられ、「ゼロから新開発されたGTレーシングカー」との触れ込みも付いている。

完全新開発の911 RSRは、サスペンション、ボディ構造、エアロダイナミクスコンセプト、エンジン、およびトランスミッションがゼロから設計されたという。新たなエンジンコンセプトによって大型のリヤディフューザーの装着が可能になり、LMP1クラスのマシン(919 Hybrid)から採用したトップマウントリヤウイングとの組み合わせで、ダウンフォースとエアロダイナミクスの効率は大幅に向上。

エンジンは水冷の水平対向6気筒、自然吸気4000cc。この軽量なエンジンの存在が、「車両開発において、エンジニアに大きな自由を与えた」とされる。テクニカルデータによれば「ミッドシップレイアウト」であり、出力的にはリストリクターサイズに応じて最高510psを発生。

そして最大の特徴ともいえるのが、「コリジョン・アボイド・システム」と呼ばれるレーダーサポートによる衝突警告システムだ。これは、夜でもLMP1マシンなど上位カテゴリー(プロト)のマシンの後方からの接近を早期に検知するもの。まさにルマンを意識した新装備といえよう。

メンテナンス性の向上等にも意識を配って開発され、テスト距離もこれまでにない長さをこなしているという911 RSRは、来季2017年のWEC(LMGTEカテゴリー)および、北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に2台ずつがワークス参戦予定。デビュー戦はIMSA開幕戦である1月末のデイトナ24時間レースとなる。
《遠藤俊幸》

特集

page top