【アウディ Q7 試乗】“見えること”は、こんなにも不安を解消してくれるのか…岩貞るみこ | Push on! Mycar-life

【アウディ Q7 試乗】“見えること”は、こんなにも不安を解消してくれるのか…岩貞るみこ

『Q7』の存在感を前にすると、乗り込む前には小さな決意が必要になる。正直なところ、いやだというネガティブな気持ちが先に立つ。日本でこの大きさは必要なのかとか、よほど好きな人じゃないと乗らないよねとか、心のなかではネガティブな気持ちが渦を巻く。

自動車 試乗記
アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
『Q7』の存在感を前にすると、乗り込む前には小さな決意が必要になる。正直なところ、いやだというネガティブな気持ちが先に立つ。日本でこの大きさは必要なのかとか、よほど好きな人じゃないと乗らないよねとか、心のなかではネガティブな気持ちが渦を巻く。

ただでさえ車両重量が2トンあり、試乗したクルマは7人乗りとあれば、全員乗車したときの総重量たるやそうとうなもの。2リットルエンジンで大丈夫なのか、ふう、と、ため息さえ出る始末。しかし、それらは走り出したとたんすべて杞憂であることがわかる。

まず、走りが軽い。とにかく軽い。ぐいぐいというより、ひゅんひゅん。そりゃ確かに試乗は一人で乗っていたけれど、この軽やかさなら7人乗車しても十分にいける。4WDの安定感、8速ATの滑らかさにも恐れ入るばかりである。

そして、大きさという魔物に凹む気分を一掃してくれるのがアラウンドビューモニターだ。車両を俯瞰で見るこの機能のほかに、バックビューモニターと、車両の前が見えるフロントビューモニターなど、いわゆる不安な「見えない部分」が、すべてつぶさにカーナビ画面に映し出される。

ああ、前が…とか、この細い道はあとどのくらい左に寄っても大丈夫なの…とか、心臓ばくばくのシーンが、すべて楽々シーンへと変わってしまう。見えることは、こんなにも不安を解消してくれるのかと、びっくりである。これなら大きなボディもどんとこいだ。しかも、俯瞰で見えるアラウンドビューモニターは、ドアが半ドアになっていると映しだされない安全設計まで仕込んである。

数々の自動運転機能へとつながる安全運転支援システムがあるけれど、これからはドライバーにどう使わせるかという視点がもっとも重要になってくる。Q7に乗りながら、ドイツ勢の自動車文化の奥深さをかみ締めるばかりである。

■5つ星評価
パッケージング:★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

特集

page top