富士通テン、進行方向予測などバックアイカメラの機能を拡張する製品を発売 | Push on! Mycar-life

富士通テン、進行方向予測などバックアイカメラの機能を拡張する製品を発売

富士通テンは、「ECLIPSE(イクリプス)」の新商品としてパーキングアシスト「カメラ機能拡張BOX(BSG17)」を12月下旬に発売すると発表した。

自動車 ニュース
進行方向予測線は予測線で自車両の進む方向をわかりやすく案内する
  • 進行方向予測線は予測線で自車両の進む方向をわかりやすく案内する
  • パーキングアシスト「カメラ機能拡張BOX」BSG17
  • 障害物検知はマーカーと警告音で障害物をお知らせ
富士通テンは、「ECLIPSE(イクリプス)」の新商品としてパーキングアシスト「カメラ機能拡張BOX(BSG17)」を12月下旬に発売すると発表した。

新製品は、対応するECLIPSEのカーナビゲーションシステム「AVN」とバックアイカメラ(BEC113/BEC111)に接続するだけで、「進行方向予測線」など、3つの駐車支援機能を付加できる。

「進行方向予測線」は、カメラ映像の動きからクルマの進行方向を予測し描画する。「障害物検知」は、カメラ映像のみで後方の障害物を検知した場合、画面表示(マーカー)/音で通知する。「視点切替」は、見やすい高さに仮想的に視点の切替えが可能で、距離感もつかみやすい機能。

カメラ機能拡張BOX用汎用キット(BSGT17)を使うことで、対応AVN以外のECLIPSE AVNや他社のビデオ入力を備えたカーナビゲーションなどにも取り付けが可能。

価格はオープン価格。
《レスポンス編集部》

特集

page top