【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHEVである以前にちゃんと乗用車である、ということ…島崎七生人 | Push on! Mycar-life

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHEVである以前にちゃんと乗用車である、ということ…島崎七生人

自動車 試乗記

三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダー PHEV
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダー PHEV
PHEV(やハイブリッド)である前に、ちゃんとした乗用車、実用車であること。市販車である以上、そのことは外せないどころか、当然の条件。その意味で『アウトランダーPHEV』は合格点を獲得している、と思う。

ボクがいいと思うのは、乗り味が快適だということ。(ガソリン車を含め)初期モデルと比較すると、とくに走行中の音や振動がグッと低められた点がいいと思う。おっとりとしなやかな乗り味にも磨きがかけられている。

三菱車というと『ディアマンテ』など、心地いい系の乗り味のモデルがかつて存在した。が、今はなく、かといって『パジェロ』ではいかにも大袈裟だし…と考える人もいるだろう。となればアウトランダーPHEVがターゲットになる。ちなみに同車のカタログの隅から隅まで目を通したが“SUV”とはどこにも書いていない。それも“普通のクルマ”であることを意味している。

ツインモーター4WDの走りも、きわめてスムースなものだ。アクセルを大きく踏み込めば即座に加速体勢に入るが、ボディの姿勢も見出さず、力強くクルマが前に出る。

インテリアは斬新感より安心感を重視した雰囲気。今から乗り出すクルマとしては、もう少し新しいデザインがほしい。後席の床面がわずかに高くなっているが、これは気になる人には気になるレベルかもしれない。

それとごく個人的には初期型のクリーンなエクステリアデザインのほうがスマートに思えるのだが…。三菱車の今後の動向は気になるところだが、確か“存在感ある力強いデザイン”がコンセプトと聞いた最新のデザインテーマは、路線変更も期待したいところだ(あくまで個人的な意見だが)。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

特集

page top