【VW パサートGTE 試乗】さり気なく乗れる“先進上級車”…島崎七生人 | Push on! Mycar-life

【VW パサートGTE 試乗】さり気なく乗れる“先進上級車”…島崎七生人

自動車 試乗記

VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
  • VW パサートGTE ヴァリアント
“GTE”の呼称は『ゴルフ』に続くもの。EV/ハイブリッド/GTEの3つの走行モードをもつ点も同じ。とはいえモデルが違い、『パサート』らしい走りっぷりに仕立てられている点に、まず感心した。

総じてガソリン車以上のなめらかな走りが印象的だった。カタログでの車重差はGTEは(対ガソリン車で)+260kgと、決して差が小さくない。が、それを味方につけ、足回りの設定も成功している…そんな風で、18インチタイヤながら、軽快だがとにかくフラットライドをモノにしている。

同時にノイズレベルの低さも嬉しい。PHEVではモーター音を始め、システムの況次第で折々に作動音が立つ、けれどそうした音も含め、室内への音の侵入は抑え込まれているし、ロードノイズなども気にならない。

ガソリンエンジンは標準のガソリン車と同じ1.4リットルのインタークーラーターボだが、スペックは最高出力が+5kWの115kWにチューンされ、モーターも『ゴルフ』GTEと較べると+5kWの85kWとなっている。なので走行中の加速もまったく不満はなく、実にスムースな走りっぷりをみせる。ちなみに充電電力使用時走行距離は51.7km、ハイブリッド燃費率は21.4km/リットル。もちろん必要に応じてバッテリーを充電しながらの走行も可能だ。

内装では、近年の高級車のトレンドになっている液晶画面を使いナビなども表示するデジタルメータークラスターをVW車で初採用。ナパレザーの上質なインテリアや、充実した駐車・安全支援システムの搭載など内容も濃い。さり気なく乗れる先進上級車といったところか。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

特集

page top