【イヴォーク コンバーチブル】重量増でもクーペと変わらない走りを実現 | Push on! Mycar-life

【イヴォーク コンバーチブル】重量増でもクーペと変わらない走りを実現

自動車 ニュース

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
  • レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
レンジローバー『イヴォークコンバーチブル』は、オープンに伴いAピラー他いくつかの補強がなされた。

具体的な個所について、ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの若林敬市さんは、「Aピラーを太くして強化している。それ以外には、フロア周りとロッカーパネルの一部、そして、Bピラー(ボディ内)などだ」と説明。また、外観の変更点は、「ハッチバックではなくなり、ルーフが収納できるようになったこと。それに伴い、リアエンドを付けてその上にスポイラーが付いた。また、ロールバー保護を追加している」と述べる。

搭載されるエンジンは、軽量オールアルミニウム製2リットル4気筒ガソリンエンジンで、「ランドローバー史上最も効率的でパワフルなエンジン」だと関係者。「ZF社製9速オートマチックトランスミッションとともに、最先端のターボチャージングテクノロジーの採用により爽快なパフォーマンスを実現した」という。その最高出力240ps、最大トルク340Nm、最高速度は209km/hだ。

2ドアクーペと比較しおよそ260kg重量増にもかかわらず、「十分パワフルで、ボディ剛性も高いのでワインディングでも楽しめる実力がある」と若林さんはコメントした。
《内田俊一》

特集

page top