【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一

自動車 試乗記

【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
  • 【アバルト 124スパイダー 試乗】ロードスター とは異なる“国産イタリアン”の魅力…諸星陽一
マツダ『ロードスター』のプラットフォームを用いてFCAがデザイン、FCAのエンジンを搭載するなどしたモデルがアバルト『124スパイダー』。マツダの工場で製作される、国産のイタリアンブランドだ。

もっとも大きな違いはエンジン。マツダロードスターが131馬力の1.5リットル自然吸気エンジンを搭載するのに対し、アバルトは1.4リットル・ターボで最高出力は170馬力。MTモデルの場合、ミッションはともに6速だが、そのギヤ比はまるで異なる。

ロードスターは6速を直結とするセッティングで1速と6速のギヤ比の開きは4.087、アバルトは5速が直結で6速がオーバードライブとなるセッティングで1速と6速の開きは3.519とオーバードライブを持つアバルトのほうがクロスしている。ただし、ロードスターは全体的にギヤ比が低め、アバルトは高めのセッティング。これはエンジン出力の違いに対応したものにほかならない。

アバルトはターボエンジンらしいしっかりと力強い加速感が何よりの魅力と言える。トルクが大きいエンジンだけに高めのギヤ比で力感あふれる加速が味わえる。これはパワーよりもピュアなハンドリングを重視したロードスターとは異なる性格。とくに3000回転を超えてからの力強さは特筆もので、ロードスターとはまったく違うフィーリング。簡単に表現してしまえば“速い”のだ。

残念なのは極低回転でのトルクが薄いこと。今どきのエンジンだと1速で最初に転がり出してしまえば、すぐに2速にシフトアップしてもトルクが追いついてくるものだがその部分が弱く、2速で走るにはちょっと高め(といっても2速に入れたときに1000回転を割らないようにすればいい程度)の回転数を要求する。

ハンドリングはロードスターのいい部分を上手に受け継いでいる。今回は一般道での試乗だったので、思いっきり振り回すような乗り方はしてないが、ステアリング操作に対してクルマの動きが基本的に素直。ただし、若干だがフロントの動きが緩慢な印象があった。ロードスターとアバルトだと100kg近くアバルトが重く、前後重量配分もアバルトは610kg/520kgとフロントが重い設定なのが影響しているのだろう。

ロードスターは約250万~320万円。アバルト124スパイダーは388万8000円(6MT)。アバルトにはイタリアンデザインと170馬力のエンジン、ブレンボのブレーキ、そしてアバルトのブランド力などが付加価値として付いてくる。価格差的には悩ましいレベルと言って間違いない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top