テスラ、自動運転システム調整へ…安全性と利便性を向上 | Push on! Mycar-life

テスラ、自動運転システム調整へ…安全性と利便性を向上

自動車 ニュース

テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルX
今後の全生産車に、将来の完全自動運転に対応するハードウェアを搭載すると発表した米国のEVメーカー、テスラモーターズ。同社が、自動運転システムの改良を計画している。

これは10月19日、テスラモーターズが明らかにしたもの。同社は、「今後テスラでは、数百万kmの実走行データを使用して、自動運転システムのさらなる調整を行う」と公表している。

自動運転システムのさらなる調整は、安全性と利便性が向上することを、確実なものにするのが目的。この調整の期間中、新しいハードウェアを搭載した『モデルS』と『モデルX』では、本来利用可能な自動緊急ブレーキ、衝突警報、レーンアシストやアクティブ クルーズコントロールなどの基本的な安全機能を含む一部の機能が、利用できなくなる。

ただし、テスラモーターズによると、これらの機能は、今後行う確実な検証が終了し次第、ワイヤレス アップデートを通して有効化されるという。

同時に、急速に拡張している各種新機能も配信される予定。テスラモーターズは、「従来通り、テスラのワイヤレス ソフトウェア アップデートは、時間とともに初代ハードウェア搭載車とそれ以前の車を含む全車の性能を向上し、最先端の技術を提供し続ける」とコメントしている。
《森脇稔》

特集

page top