【パリモーターショー16】ルノー ルーテシア 改良新型に「GTライン」…スポーティ仕様 | Push on! Mycar-life

【パリモーターショー16】ルノー ルーテシア 改良新型に「GTライン」…スポーティ仕様

フランスの自動車大手、ルノーが9月29日(日本時間9月29日夕方)、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する改良新型『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)。同車に、スポーティグレードの「GTライン」が設定される。

自動車 ニュース
ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
  • ルノー ルーテシア 改良新型 GTライン
フランスの自動車大手、ルノーが9月29日(日本時間9月29日夕方)、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する改良新型『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)。同車に、スポーティグレードの「GTライン」が設定される。

パリモーターショー16では、現行ルーテシアがデビュー4年を経て、初の大幅改良を実施。フロントには、新デザインのLEDヘッドランプとグリルを採用。インテリアは、素材の見直しにより、質感を向上。ステアリングホイールやシフトレバー、ドアトリムは新デザインとした。

改良新型ルーテシアのスポーティ仕様が、GTライン。高性能部門の「ルノースポール」によって、インスパイアされた外装デザインを採用する。

フロントバンパーは、専用デザイン。両サイドの開口部は、ダークメタル仕上げとなる。リアバンパーも専用。ダークメタルのパネルが特徴で、クロームエグゾーストが装備された。

足元には、専用デザインの16インチまたは17インチアルミホイールを装着。室内は、シートやシフトレバー、空調吹き出し口などに、ボディカラーと同じアクセントが添えられている。
《森脇稔》

特集

page top