【プロショップ訪問記】Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)「“楽しい”、“カッコいい”、“心地良い”がキーワード」 | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)「“楽しい”、“カッコいい”、“心地良い”がキーワード」

山形県内を縦に走る「米沢南陽道路」。その北端の南陽高畠ICを降り、約3キロほど北上した国道13号バイパス沿いに、『Car's Factory STIL』(カーズファクトリーシュティール)はある。守備範囲の広い頼れるプロショップとして、多くのファンに愛されている。

カーオーディオ 特集記事
Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)、代表の石岡茂樹さん。
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)
  • Car's Factory STIL<カーズファクトリーシュティール>(山形県)

山形県内を縦に走る「米沢南陽道路」。その北端の南陽高畠ICを降り、約3キロほど北上した国道13号バイパス沿いに、『Car's Factory STIL』(カーズファクトリーシュティール)はある。守備範囲の広い頼れるプロショップとして、多くのファンに愛されている。

■体調を崩したことをきっかけに、カーオーディオに急接近…。

ど派手なカスタムマシンの製作から、Hi-Fiシステムの構築、さらにはエントリースピーカーへの換装まで、カーオーディオに関して全方位的に対応可能な『Car's Factory STIL』。それに加えて、車両販売、一般整備、ボディコーティング、足回り、そしてワンオフエアロパーツの製作まで、クルマに関するあらゆることをそつなくこなす。各種設備も大充実。リフトを2台、アライメント調整機、タイヤチェンジャーやバランサー、さらにはエアコンガスの充填機までも備えている。ここまでの設備が揃っているカーオーディオ・プロショップは、全国広しと言えどもそうそうない。

代表を務めているのは、石岡茂樹さんだ。現在45歳である石岡さんは、そもそもクルマ好きにしてバイク好き。若かりし頃にはバイクレースにも熱中し、最近ではKカーのレースチームも持っていた。仕事としてクルマに関わり始めたのも早かった。16歳のころにはガソリンスタンドにアルバイトとして入り、18歳からは板金業を生業とすべく、本格的に修行を開始。

しかし、20歳のころに体調を崩してしまう。検査をすると、有機溶剤に敏感なことが原因だと判明…。そこで当初の夢を諦めざるを得なくなるのだが、これが現在へとつながる転機となった。

時間ができたことで、カーオーディオ・プロショップに出入りするようになり、徐々に仕事の手伝いも始め出す。すると段々と面白みを感じるようになり、バイトから社員へとステップアップ。さらには欧州のハイエンドスピーカーを搭載したデモカーと出会い、その音に衝撃を受け、オーディオへの熱意が完全に覚醒する。

その後多少の紆余曲折はありつつも、カーオーディオについて、そしてクルマに関することすべてについての見識を深め、技術を磨き27歳にして遂に独立。『Car's Factory STIL』の歴史をスタートさせたのだ。

■オーディオ好き、クルマ好き、音楽好きの“仲間”を増やしたい。

設立して17年を数えた『Car's Factory STIL』。カーオーディオに対してはどのようなポリシーを持ってやってきたのかを、石岡さんにお訊きした。

「“楽しい”、“カッコいい”、“心地良い”、がキーワードだと考えています。クルマに乗って音楽を聴いてそれらを感じられれば、それ以上でもそれ以下でもないと思うんです。カスタムであっても、Hi-Fiであっても、エントリーであっても。

その3つをお客様に感じていただけるように、全力を尽くしたいと思っています。そのためには、お客様が何を望まれているのかをしっかりとヒヤリングすることが大切ですよね。そして望まれている以上のものを提供できるように。1回限りのお付き合いにはしたくないですね。次にクルマを買い換えるときにもここでオーディオを組みたい、そう思っていただけるお店でありたいです」

実際に、ユーザーの多くがリピーターとなっているとのことだ。イベントにも多くのユーザーが連れだって参加している。人が集まるお店となっているのだ。

「カーオーディオ・プロショップを運営する上で目指していることは、“仲間を増やす”ことです。オーディオ好き、音楽好き、クルマ好きの仲間を増やしたいですね」

なるほど、その思いがあるからこそ、ショップがユーザーの憩いの場所になっているのだろう。そしてさらには、こんな言葉も訊くことができた。

「お客様には無理をしてほしくないですね。そしてクルマとしての実用性も大事にしてほしいと思っています。実際の予算はどうなのか、クルマをどのように使うのか。それらをしっかりとお訊きして、後から後悔されることのないように仕上げたい。できるだけ現実的なプランをご提案しようと、常に心がけています」

話の端々から、『Car's Factory STIL』が信頼できる、そして、気軽に立ち寄れるお店だということが、ひしひしと感じられた。店内も広く開放的で、計5名のスタッフの方々も実にフレンドリーだ。とにもかくにも居心地が良い。

山形県周辺にお住まいで、敷居の低いカーオーディオ・プロショップをお探しならば、『Car's Factory STIL』まで足を運んでみてはいかがだろうか。ここに来れば、安心して愛車を任せられる。

《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top