【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

自動車 試乗記

【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
  • 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一
スバル『レヴォーグ』の最上級グレードに設定された「STIスポーツ」は、2.0リットルエンジンだけではなく、1.6リットルエンジン搭載車にも用意された。

最上級グレードは最大排気量のみ…という考え方が多いが、レヴォーグは違う。レヴォーグに新たに設定した最上級グレードのSTIスポーツは、2.0リットル、1.6リットルともに用意される。2.0と1.6の違いは、エンジンとミッション、そしてそれに伴うSIドライブ(走行モードの選択)の選択肢の数(2.0→3種、1.6→2種)といったところで、インテリア、エクステリアの装備はもちろん、足まわりの機能装備についてもまったく同一となっている。

STIスポーツはレヴォーグをベースとして、スポーツパーツを取り付けたワークス系チューニングモデルではなく、スバルが最上級グレードに設定したグレードにSTIが開発した足まわり系パーツが採用されている…という見方が正しい。

エクステリアは専用のフロントバンパー、グリル、18インチアルミホイールなどを装着。インテリアではレザーシートをボルドー色とするとともにレッドステッチなどを採用。内外装ともに高級感を向上させる装備が満載されている。STIスポーツがねらったのは、AGMやBMWのMスポーツ、アウディのSシリーズなどといったメーカー直系のプレミアムスポーツで、今回はその第一歩といったところだ。

走りに関係してくる面での変更点は前後ショックアブソーバーとスプリングの変更。ステアリングギヤボックスまわりの取り付け剛性アップ。なかでもフロントショックアブソーバーは「ダンプマティック2」と呼ばれるビルシュタインのショックアブソーバーで、しっかりした減衰力を確保しつつ乗り心地も両立させたもの。これはフロントだけに装備されるもので、リヤは普通の仕様のビルシュタインとなっている。

この「ダンプマティック2」は大きな入力に対してはしっかりとした減衰力を発揮。小さな入力に対してはしなやかに対応し、乗り心地を確保するというもの。スピードが速めのコーナリングではビシッと路面をつかみ、路面のうねりや細かな荒れなどについては上手にいなし、乗り心地を確保する。ただただ早く走るためのセッティングで、そのためには乗り心地を損なうのもいとわない…というようなかつてのワークススペシャルを求めるユーザーとは異なる客層を求めているのは明かだ。

1.6リットルエンジンは2.0リットル同様に4気筒の直噴ターボで、最高出力は170馬力を発生。絶対値の出力は低いが、乗っていて不満を感じるほどのパワーダウンではない。高回転を維持しなければパワー不足を感じるというタイプでもない。必要にして十分以上の性能を持っている。

加えて、JC08モード燃費は2.0リットルが13.2km/リットルであるのに対し、1.6リットルは16.0km/リットル。さらに1.6リットルはレギュラー仕様だ。レギュラー116円、プレミアム127円、年間12万kmを走るとして、2.0リットルは9090リットルで115万4000円程度、1.6リットルは87万円程度と年間28万円の差。高級な装備をリーズナブルなガソリン代で乗るというのは、かなりかしこい乗り方だと私は思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top