【高校受験2017】変わる埼玉公立高校入試…俊英館に聞く夏休みからの成績アップの秘訣 | Push on! Mycar-life

【高校受験2017】変わる埼玉公立高校入試…俊英館に聞く夏休みからの成績アップの秘訣

教育 教育

俊英館参事で、入試情報を担当する杉浦豊氏(撮影:稲葉九)
  • 俊英館参事で、入試情報を担当する杉浦豊氏(撮影:稲葉九)
  • 俊英館参事で、入試情報を担当する杉浦豊氏(撮影:稲葉九)
  • 俊英館参事で、入試情報を担当する杉浦豊氏(撮影:稲葉九)
 東京都や神奈川県に比べて公立志向が強い埼玉県。その埼玉県の公立高校入試は、記述式の問題の比重が高く、難度が高いという声もある。2017年の入試では、社会と理科の学力検査時間を10分延長し、しっかり考えて取り組めるようにするという方針が発表されている。また、数学と英語の問題の一部を、埼玉県教育委員会が作成した応用的な問題を含む「学校選択問題」に差し替えることができる制度も動き出す。

 2017年高校入試に向けて、受験生がこの夏休みにできることは何か。埼玉県を中心に東京、千葉、群馬で47校舎を展開する俊英館フレックスで入試情報を担当する杉浦豊氏に、埼玉県公立高校入試に成功するための夏休み前後の過ごし方や受検対策、俊英館の取組みなどを聞いた。中学1~2年生にも参考にしていただきたい。

◆公立志向が強い埼玉県

--埼玉県の高校入試の概要を教えてください。

 埼玉県の高校進学では公立志向が強いという特徴があります。都内の有名私立高校などを目指す生徒もいますが、基本は、公立の志望校を中心に、私立を押さえとして考える戦略となります。

 合格判定は、入学試験の点数を基準とした当日点と、調査書の点数である内申点の合計で決まります。当日点と内申点の評価配分は学校ごとに異なりますが、トップ校と呼ばれるような高校は、3:2、7:3などと概して当日点の配分を多くしています。内申点は、1:1:3など、1、2年生よりも3年生に重きを置いています。部活や英検・数検などの授業以外の評価も考慮されますが、全体として不公平にならないよう配慮されています。

◆2017年入試の変更点は時間延長と学校選択問題

--入試問題の傾向や2017年での変更点についてはいかがでしょうか。

 科目は国数英理社の5科目ですが理科・社会で記述式の配点が高い傾向があります。また、数学、理科に難問が目立ち、点がとりにくいとも言われています。しかし、難問については、県教育委員会から改善する方針が打ち出されています。

 また、来年の入試では学校選択問題が導入されます。学校選択問題は、県教育委員会が作成した問題を学校の裁量で選べるようにしたものです。難関校を中心に20校が学校選択問題を採用する意向を示しています。

 同時に理科と社会の試験時間を従来の40分から10分延長して50分にします。教育委員会は「受検生がしっかり考えて問題に取り組めるようにします」と述べています。

--これらの変更点についてどのような対策が必要ですか。

 学校選択問題については県教育委員会がサンプルを公開していますが、もちろんそれだけ解けば十分というわけではありません。東京都のグループ作成問題など、他都県のトップ校の独自問題なども研究して対策するとよいでしょう。

 理科と社会の試験時間の延長については、暗記対策だけでなく、「なぜ」という原理やその背景を理解できるようにしておくことが大切です。埼玉県は伝統的に記述問題の比重が高いという特徴がありますので、さらに綿密な記述問題対策が必要になってくるでしょう。

【次ページ】「夏休み前に決めたい志望校」へ

◆夏休み前に決めたい志望校

--志望校の決め方や時期の目安を教えてください。

 まず、志望校と受験校とを分けて考えることが大切です。偏差値や内申点だけを見て、「行きたい」学校ではなく「行ける」学校を志望校にすると、学力の伸びはそこでストップします。そして成績がちょっと下がると志望校を下げるという悪循環に陥ってしまいます。俊英館では、将来やりたいこと、高校で学びたいことを聞き、一緒に第一志望校を考えていきます。その上で、第一志望校に合格するための併願校や受験方法を決めていきます。

 志望校は夏休み前までに絞っておくと、夏の講習の対策も立てやすくなるので理想ですね。2学期の内申点が確定する頃には受験校を決定するようにしています。

--過去問にはいつから取り組めばよいでしょうか。

 過去問は、試験に慣れさせるという意味で実施する場合もありますが、本格的に過去問を解くのは、すべての単元の学習が終わった段階のほうがよいと思っています。時期としては秋以降ですね。記述式の比重が高い埼玉県公立高校の受検では、過去問を解くだけでは学力アップに結び付きにくいのです。先生に添削してもらい、なぜ間違えたのか、どこを理解していなかったのかをチェックして、きちんとやり直しをすることが大切です。

◆夏休みは総復習と苦手克服のチャンス

--夏休みが終わると入試まで半年となります。夏休みの過ごし方や、残りの期間で成績をアップさせる秘訣についてアドバイスをお願いします。

 埼玉県の、特に上位の公立高校は「ミスができない」入試だと言われています。本番でわからない、間違えた、をなくすためには、夏休みにどれだけ勉強時間を確保できたかが重要です。3年生は夏休み前に部活も終わります。ここで、これまで学習した内容の復習をしっかり行い、忘れていたところ、定着していないところを洗い出し、穴を埋めておくことがポイントです。夏休みを利用して頑張る、という条件は他の受験生も同じです。時間ができる分、みんなが頑張って勉強してくるので、普通の勉強では差をつけることができないと思ってください。

 とはいえ「勉強しなさい」だけでは、モチベーションが上がらないかもしれません。塾では、苦手克服のアドバイス、高校でどんなことをしたいのかを考える、といったフォローも同時に行っていきます。

【次ページ】「2学期の定期テストは内申点への影響大」へ

◆2学期の定期テストは内申点への影響大

--夏休みが明けた秋以降はどのような対策を行いますか。

 夏の講習で1年から3年1学期までの受検範囲の総復習、穴埋めを行った上で、北辰テスト対策、2学期の定期テスト対策などに力を入れていきます。

 北辰テストとは埼玉県内で一斉に実施される会場テストで、4月から翌年1月までの間に8回実施されます。9月以降は毎月実施されますが、9月から11月の3回分の偏差値は、私立高校の併願推薦の選考の際に参考にされます。県内一斉に行われるため、公立高校の入試を考える上で、その偏差値や順位は大変に参考になります。

 また、2学期の定期テストは内申点に直接関係しますし、3年生の内申点の比重は高いので、2学期で追い上げることができると思ってください。

 全体としては、夏の講習で1、2年生の復習と苦手克服。9月からは内申対策の勉強と北辰テスト対策です。俊英館でも教室によっては「日曜特訓」など独自の取組みや授業を展開しながら、それぞれの進路、合格のサポートを行っています。

 実は俊英館では、高校受験がゴールとは考えていません。高校入学後の勉強をフォローするコースもあり、大学受験だけでなくキャリア相談なども受けています。受験の先にある目標や夢、一人ひとりの将来を見据えた指導を心掛けています。

◆仮想高校入試で出願から合格発表までを体験

--中学1~2年生へのアドバイスもお願いします。

 俊英館では、中学2年生を対象として冬休み前後に「仮想高校入試」を実施している教室があります。これは、願書提出から受検、合格発表までを体験する模擬試験です。出題範囲は中2の2学期までに学習した内容となりますが、3年生になる前に高校入試とはどんなものかを体験できる貴重な機会です。仮想高校入試は、塾生以外でも受けることができますので、ぜひ体験してみてください。

--ありがとうございました。

 2017年、埼玉県公立高校入試、特に学校選択問題採用校では入試傾向が大きく変わる。杉浦氏がアドバイスするよう、これから迎える夏休みで総復習と苦手克服を行い、自信をもって、残り半年間でさらに成績アップを目指したい。俊英館フレックスでは、中学3年生を対象にこの夏、15日から20日間におよぶ夏期講習(俊英館フレックス 夏の講習)を実施し、「やり直した」という気持ちを生徒の自信につなげ、秋以降のプレッシャーに負けない指導を行うとしている。

◆2017年度(平成29年度)埼玉県公立高校入学者選抜スケジュール
 願書受付:平成29年2月20日(月)・21日(火)
 学力検査:平成29年3月2日(木)
 合格発表:平成29年3月10日(金)
《中尾真二》

特集

page top