【ボルボ XC90 T8 試乗】高級車らしいどっしりとした乗り心地と力強い走り…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【ボルボ XC90 T8 試乗】高級車らしいどっしりとした乗り心地と力強い走り…諸星陽一

自動車 試乗記

ボルボ XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription
  • ボルボ XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
  • ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWD
『XC90』はフォードグループから抜けたボルボが、シャシーやエンジンを新開発したモデルで、新世代ボルボ、最初のモデルとなる。

今回の試乗車はXC90のなかでトップグレードとなる「T8 ツインエンジンAWD」。ツインエンジンとはフロントを駆動する320ps/400Nmの2リットルガソリン・ターボ&スーパーチャージドエンジンと、リヤを駆動する87ps/240Nmのモーターを表しているもので、2機のエンジンが積まれているわけではない。トータルスペックは407ps/640Nm(欧州参考値)となっている。

駆動用バッテリーはリチウムイオンで、クルマのセンター部分に縦型(FR車のドライブシャフトに当たる部分)に配置される。充電は200Vの普通充電で、2.5~3時間で満充電が可能。モーターのみで35.4kmの走行が可能。クルマとしてのJC08モード燃費は15.3km/リットルだ。

全長4950mm、全幅1960mm、全高1775mmのボディは、LクラスSUVらしい堂々とした存在感。第一印象はやはり「デカい」。撮影&待機場所となっていたホテルの広場からクルマを出す際はさすがに緊張する。2mに迫る全幅は、日本での使い勝手にある程度の制約をもたらすことは間違いない。ただし、各種センサーを用いた安全機構によりドライブはかなりサポートされる。

試乗中に関心したのは、BILS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)が自転車にも反応したこと。BILSは車線変更時にウインカーを作動させると、後続車がある場合などにインジケーターが点滅して知らせるシステムだが、今回は左折時にウインカーを作動させていたところ、歩道を走る自転車に反応、作動した。モニターに画像を映すシステムより単純明快に“注意”をうながす手法は、なにが安全を生むか? に明確な答えを持っている証拠だ。

車両重量2.3tと重めのボディを持つT8だが、407ps/640Nmのエンジンをもってすれば力強く走らせることも容易。アクセルを軽く踏み込めば、クルマはグイグイ前に進む。エンジンはターボとスーパーチャージャーの2段過給でトルクの不足感はない。最大トルクは2200回転から5400回転でフラットに発生しているが、そこに至るまでの足りない部分はモーターがカバーしてくれる。メインの駆動モーターはリヤだが、フロントにも補助的なモーターが存在し、エンジン出力をフォローしている。このフロントモーターのおもな役割は、バッテリーを充電するための発電とエンジンの始動。エンジン始動については、初期始動もアイドリングストップ時の再始動も担当している。

乗り心地はしっかり安定感があり、落ち着いている。車重が重いクルマならではの優れた乗り心地、落ち着き感というものがあり、XC90はそれを実現している。この乗り心地は単に車重が重いだけでは実現できない。ボディ剛性の高さやサスペションのセッティングなどがまとまって生まれるものだ。細かな振動など若干おしい部分もあるが、ほぼ初めて10万ドルクラスのクルマを作ったと考えれば、高く評価できる。

さて、クルマ全体の評価だが、これは1000万円オーバーのクルマということで、価格を考慮しないで評価した。XC90 T8はプラグインハイブリッドということで、各種の数値をクリア。取得税100%、重量税100%、自動車税75%の減免税が行われる。とはいえ、このクルマに限ったことではないが、こうした減免税は対象車となるクルマの価格に上限を設定するべきだろう。高いクルマを買える富裕層は、それなりの税金を払ってもいいはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top