プジョー 2008クロスシティ、走行性能に自信…ヴェゼル・キャプチャーをライバル視 | Push on! Mycar-life

プジョー 2008クロスシティ、走行性能に自信…ヴェゼル・キャプチャーをライバル視

自動車 ニュース

プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
  • プジョー2008クロスシティ
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー『2008』をマイナーチェンジ。同時に発売した特別仕様車『2008クロスシティ』は、2008から、オンロードおよびオフロードにおける走行性能や快適性を更に進化させたモデルだという。

プジョーは2015年、約5900台を販売。そのうち2008は約600台を占めるという。同社広報室の英信司さんによると、「今回のマイナーチェンジで1000台は超えてほしい」と意気込む。その理由のひとつとして、『208』がトランスミッション変更により、販売が好調に転じたことがあげられる。今回の2008のマイナーチェンジも同様の変更がなされている。

ターゲットについては「現在流行っている小型SUVを考えているユーザーに向けてアピールしたい」と英氏。具体的にはホンダ『ヴェゼル』やルノー『キャプチャー』などが属するセグメントを想定している。

今回特別仕様車として導入されたクロスシティには、『3008』で既に装備されたグリップコントロールを搭載。「雪道や泥、砂地などすべりやすい悪路には強いうえに、タイヤはグッドイヤーのフォーシーズンタイヤを採用したので、競合と比較し更に強みが増している」とコメントした。
《内田俊一》

特集

page top