【アウディ A3 e-トロン 試乗】モーターとエンジン、トランスミッションの親和性に感心…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【アウディ A3 e-トロン 試乗】モーターとエンジン、トランスミッションの親和性に感心…諸星陽一

自動車 試乗記

アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
アウディのコンパクトモデル『A3』のスポーツバック(5ドアハッチバック)をハイブリッド化したうえで、外部充電を可能にしたPHEV、「e-トロン」に試乗した。

A3 e-トロンは150馬力/250Nmの1.4リットル4気筒ターボエンジンに、109馬力/330Nmのモーターが組み合わされる。さらに特徴的なのは6速のSトロニック(DCT)が組み合わされているところだ。このSトロニックはEVモードで走っているときでも使われている。これがじつにいい。モーターのトルクを上手に使うことができるのでアクセルペダルを強く踏み込んだりしなければ、EVモードのままで速度をあげていける。すぐにエンジンが始動して「ああ、掛かっちゃった」と思うこともない。

一方、ハイブリッドモードもモーターによる発進からスタートする。これはどのハイブリッド車とも同じものだ。感心させられるのはモーターとの親和性の高さ。エンジンとモーターは一体となったパワーユニットとして存在していて、どっちが何をしているという感覚は乗っている限りはほとんど感じることはない。そのパワーユニットに6速Sトロニックが組み合わされるわけだが、パワーユニットとSトロニックの親和性もまた高い。変速ショックは感じることがなく、スムーズに加速して行く。

e-トロンのバッテリーは8.7kWhのリチウムイオンでリヤシート下に配置。グリルにあるアウディの4シルバーリングスを横にスライドすると充電用のソケットが現れる。急速充電機構は持たないが100Vなら9時間、200Vなら3時間で充電が完了する。航続距離は52.8km。通勤レベルなら十分に実用に値するユーザーも多いだろう。

車重は1570kgとA3に比べて250kg程度重いが、駆動用バッテリーが低い位置にあることも影響して、ハンドリングは安定感の高いものとなっている。乗り心地も高いレベルを確保していて、荒れた路面でも優雅さを残している。車両本体価格は564万円と、アウディのハイブリッドだと思えば、妥当な線なのだが、車内の質感などを冷静に考えるとちょっと高めかな? と感じてしまう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top