日産、新型3リットルV6ツインターボエンジン開発…インフィニティに搭載 | Push on! Mycar-life

日産、新型3リットルV6ツインターボエンジン開発…インフィニティに搭載

日産自動車は12月16日、軽量コンパクトな3リットルV6ツインターボエンジンを新たに開発し、2016年より一部のインフィニティモデルに搭載すると発表した。

自動車 ニュース
日産が新開発した新型3リットルV6ツインターボエンジン
  • 日産が新開発した新型3リットルV6ツインターボエンジン
  • インフィニティQ50(日産スカイライン)の2016年型
  • インフィニティQ50(日産スカイライン)の2016年型

日産自動車は12月16日、軽量コンパクトな3リットルV6ツインターボエンジンを新たに開発し、2016年より一部のインフィニティモデルに搭載すると発表した。

新型エンジンは、従来のV6エンジンから700ccダウンサイジング化。タービンブレードのデザインを最適化するとともに、新型のタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターを採用し、パフォーマンス、レスポンス、燃費を向上させている。

新型エンジンは、最高出力300hp/最大トルク400Nmと、最高出力400hp/最大トルク475Nmの2タイプを用意。400hpエンジンは、高負荷の際、効果的に熱管理を行うためのインタークーラー用ポンプを2つ搭載し、従来エンジンから6.7%燃費を向上している。

また、コア構造の重量は194.8kgで、従来エンジンより14.1kg軽量化。新しいターボチャージャーとインタークーラー(CAC)システム採用による加重は25.8kgで、エンジン全体の重量は220.6kg。インフィニティ史上最軽量のV6エンジンとなる。

さらに、一体型エキゾーストマニホールドを採用することで、触媒コンバーターをエキゾーストポイントにより近い位置に配置。高温の排気の通り道を短くすることで、触媒コンバーターを従来型V6エンジンよりも2倍速く加熱でき、エンジン始動から発生する排気も減少させている。

新型V6エンジンは、2016年にいわき工場で生産を開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(2)
  ["name"]=>
  string(9) "自動車"
  ["url_name"]=>
  string(3) "car"
  ["disp_order"]=>
  int(200)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(14) "/category/car/"
  ["url"]=>
  string(21) "/category/car/latest/"
}
string(3) "car"
page top