ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売 | Push on! Mycar-life

ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売

イース・コーポレーションは、ドイツのカーオーディオブランド「RS AUDIO」のモノラルアンプ「RS Experience M」と「RS Experience M Limierrd」を10月上旬より発売する。

カーオーディオ 新製品情報
ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売
  • ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売
  • ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売
  • ドイツ RS AUDIOのモノラルアンプ「RS Experience M」2機種発売

イース・コーポレーションは、ドイツのカーオーディオブランド「RS AUDIO」のモノラルアンプ「RS Experience M」と「RS Experience M Limierrd」を10月上旬より発売する。

価格は「RS Experience M」が165,000円(1台/税込)、「RS Experience M Limited」が187,000円(1台/税込)。

同ブランドの旗艦モデル「RS Master T Mono」のノウハウを受け継ぎ、新しいラインナップに加わった「RS Experience M」は、ハイエンドカーオーディオにおけるアクティブクロスオーバーを用いたマルチアンプシステムに最適な小型高性能モノラルアンプ。筐体長さは、わずか232mm(端子および取付ステーを除く)という小型化を実現し、複数台を並列レイアウトしたインストレーションをも容易にする。

増幅部はディスクリート構成のアナログAB級回路でコンパクトサイズながら定格出力120W(4Ω)を確保、周波数特性は10Hz~80kHzのワイドレンジ仕様で、筐体底面には放熱効果の高い22mm厚のヒートシンクを備え、長時間の安定したドライブを約束するとともにスタイリッシュな外観デザインを実現。回路素子にはWIMA社製フィルムコンデンサをはじめ高品位な音響パーツを多数投入。

グレード上の「RS Experience M Limited」にはMundorf社のキャパシタやNichicon社製MUSEなどランク上の音響パーツや削り出しタイプのRCA端子が奢られる。スピーカー出力端子はバナナプラグにも対応しており、筐体カラーは「RS Experience M」が鮮やかなスカイブルーメタリックを、「RS Experience M Limited」にはシックなブラックメタリックを採用。いずれもイタリアにある提携工房で熟練した職人達の手作業によるハンドクラフト製法により1台1台組み上げられる。

<製品ラインナップ>
製品名:RS Experience M
仕様:モノラル(1ch)パワーアンプ 165,000円(1台/税込)
●定格出力:120Wx1(4Ω)200Wx1(2Ω)●周波数特性:10Hz~80kHz●S/N比:102dB●入力感度:950mV~8V●入力インピーダンス:20KΩ●アイドリング電流:1.2A●サイズ:W88mm x D266mm x H66mm●質量:1.36kg●実装ヒューズ:15A●カラー:スカイブルーメタリック

製品名:RS Experience M Limited
仕様:モノラル(1ch)パワーアンプ 187,000円(1台/税込)
●定格出力:120Wx1(4Ω)200Wx1(2Ω)●周波数特性:10Hz~80kHz●S/N比:102dB●入力感度:950mV~8V●入力インピーダンス:20KΩ●アイドリング電流:1.2A●サイズ:W88mm x D266mm x H66mm●質量:1.38kg●実装ヒューズ:15A●カラー:ブラックメタリック

《編集部》

特集

page top