ラルク×『バイオハザード』、吹替版主題歌コラボMVが解禁! | Push on! Mycar-life

ラルク×『バイオハザード』、吹替版主題歌コラボMVが解禁!

結成25周年を迎える「L'Arc-en-Ciel」の久々の新曲「Don’t be Afraid」が、日本語吹き替え版主題歌に決定している『バイオハザード:ザ・ファイナル』。

エンタメ エンタメ
『バイオハザード:ザ・ファイナル』 L'Arc-en-Ciel(C)2016 Ki/oon Music
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 L'Arc-en-Ciel(C)2016 Ki/oon Music
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • ローラ/『バイオハザード:ザ・ファイナル』
結成25周年を迎える「L'Arc-en-Ciel」の新曲「Don’t be Afraid」が、日本語吹き替え版主題歌に決定している『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この度、主題歌と映画本編の映像とがコラボしたMV「Don’t be Afraid -BIOHAZARD THE FINAL collaboration version-」が公開された。

「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。その言葉を体現するかのように、宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻り、生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、いま、最後の戦いが幕を開ける――。

ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスを演じ大ヒットとなった『バイオハザード』シリーズ。日本で世界最速公開となる本作が最終作となり、アリスと世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いをシリーズ最大のスケールで描く。さらに、これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」、「T-ウィルスの開発」、そして「アリスの誕生」の秘密がついに明かされる。

このほど解禁となったMVでは、躍動感溢れる楽曲を奏でる「L'Arc-en-Ciel」のメンバーと、アリスの活躍が交互に映し出される仕様に。アリスの目覚めのシーンから始まる本映像は、ボーカル・hydeが劇中のアリスさながらに銃口を向ける印象的なシーンから、tetsuya、ken、yukihiroとバンドのアグレッシブな演奏シーンが登場。そして楽曲のテンポが一気に上がると、かつてないほどのアンデッドの大群を背に戦車で引っ張られるアリスの姿など、見どころ満載の本編映像も流れる。楽曲「Don’t be Afraid」も、ひとり戦い続けてきたアリスの心情とリンクする言葉がつづられており歌詞にも注目だ。


「L'Arc-en-Ciel」の新曲「Don’t be Afraid」は12月21日(水)よりリリース。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日(金・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top