2016年冬のボーナス、平均推定額は62.3万円…教育費消費は減 | Push on! Mycar-life

2016年冬のボーナス、平均推定額は62.3万円…教育費消費は減

教育 教育

冬のボーナス推定平均支給額 性別・年代・家族構成別(税込金額)
  • 冬のボーナス推定平均支給額 性別・年代・家族構成別(税込金額)
  • 冬のボーナス平均消費金額(複数回答可)
 カカクコムが運営するWebサイト「価格.com(カカクドットコム)」は12月5日、2016年「冬のボーナス」に関する調査結果を発表した。推定支給額は2015年比1.7万円増の62.3万円。回答者の31.1%は子どもの教育費に消費すると答えたが、消費金額平均は0.9%下がった。

 調査は11月15日~21日の期間、価格.com内でのWebアンケートを利用し、全国の価格.comID登録ユーザーを対象に行った。回答者数は2,298人。

 2016年の推定支給額は62.3万。2015年に比べると1.7万、2016年夏と比べると1.4万円高い。ボーナスの使い道は、「貯金」が75.1%で最多。ついで、「商品・サービスを購入する」69.6%、「旅行・外出をする(国内)」37.9%が並んだ。

 「子どもの教育費」を使い道にあげた回答者は31.1%。平均消費金額は15万37円。2015年の15万1,351円から1,314円減少した。2015年と比較すると、子どもの教育費のほか「ローン返済」「金融商品の購入・外貨預金など」「旅行・外出をする(海外)」「金融商品の補填」が減少傾向にあった。
《佐藤亜希》

特集

page top