【インフルエンザ16-17】東京・神奈川などに続き大阪府でも流行シーズン入り | Push on! Mycar-life

【インフルエンザ16-17】東京・神奈川などに続き大阪府でも流行シーズン入り

教育 教育

大阪府のインフルエンザ流行状況
  • 大阪府のインフルエンザ流行状況
  • 大阪府感染症情報センター
 大阪府は12月1日、11月21日~11月27日の期間にインフルエンザの定点あたり患者報告数が1.30人となり、流行シーズンに入ったと発表。東京都、神奈川県、愛知県など多くの都道府県が、すでに流行シーズンに入っている。

 大阪府の定点あたり患者報告数は第46週(11月14日~11月20日)に0.87人だったが、第47週(11月21日~11月27日)に1.30人へと増加。流行開始の指標である1.00人を上回り、流行シーズン入りとなった。学校での欠席も増加しており、小学校2校と中学校1校で学年閉鎖、小学校11校と中学校1校、高校3校などで学級閉鎖があった。

 第46週(11月14日~11月20日)における各都道府県の定点あたり患者報告数をみると、沖縄県(8.12人)、栃木県(5.50人)、福井県(3.50人)、北海道(2.92人)、岩手県(2.60人)などが多い。そのほか、東京都(1.57人)、神奈川県(1.31人)、愛知県(1.39人)など。国立感染症研究所によると、直近の5週間(2016年第42週~第46週)のインフルエンザウイルス検出状況はAH3亜型の検出割合が多く、ついでAH1pdm09、B型がほぼ同程度に少数みられたという。

 インフルエンザワクチンは、接種後にその効果があらわれるまで2週間程度かかるため、接種を希望する場合は早めに医療機関を受診して接種することが大切だ。また、感染予防のために「手洗い」「うがい」などをしっかりと行いたい。
《黄金崎綾乃》

特集

page top