「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス | Push on! Mycar-life

「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス

アシックスは、神戸市と協働し、2016年11月20日(日)開催の「第6回神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した市民ランナー参加型の実証実験を実施する。

エンタメ エンタメ
「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス
  • 「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス
  • 「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス
  • 「神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した実証実験…アシックス
アシックスは、神戸市と協働し、2016年11月20日(日)開催の「第6回神戸マラソン」でウェアラブルデバイスを使用した市民ランナー参加型の実証実験を実施する。

実証実験の対象は、大会に出場するランナー。ウェアラブルデバイスを使用し、ランナーの現在地やランニングペースの計測・通知サービスや、前方を走るランナーによる後続ランナーへのリアルタイムコーチングなどの実験を実施する。ヘッドマウントディスプレイを活用したバーチャルランニング体験の実証実験も行う。

BLEタグ(低電力ブルートゥース)を用いたランナーの現在地とランニングペース計測の実証実験となる「Run & See」は、神戸市、アシックス、NTTドコモの3社共同で実施。ランナーにBLEタグを携帯してもらい、ランナーの位置を家族のスマートフォンや実験運営ブースのモニターで確認する。計測は「神戸市ドコモ見守りサービス」におけるドコモの提供システム・技術を活用して行う。

ヘッドマウントディスプレイを用いたバーチャルランニング体験では、アシックスと神戸市でフィニッシュパークに実験運営ブースを共同出展する。マラソンに参加しない人や普段あまり運動をしない人も、神戸マラソンの臨場感を楽しめる。

リアルタイムコーチング実験は、腕時計型ウェアラブルデバイスを活用する。コーチ役のランナーが準天頂衛星の位置情報受信デバイスを装着し、コース攻略を後続のランナーが装着する腕時計型ウェアラブルデバイスに送伝する。また、天候情報やペース測定などのアドバイスをデバイスが自律的に行う。

実証実験は、神戸マラソン会場内にて11月20日(日)9:00~16:00まで実施。ポートアイランド市民広場 フィニッシュパークへの実験運営ブース出展は10:15~16:45となる。「Run & See」実証実験の協力ランナーは、一般公募で約50名募集する。応募者多数の場合は抽選。申込みはアシックス ウェアラブルサイトから行う。11月14日(月)10:00締切。
《美坂柚木》

特集

page top