親が選ぶ「留学先」人気国は2位はカナダ、1位は? | Push on! Mycar-life

親が選ぶ「留学先」人気国は2位はカナダ、1位は?

教育 教育

留学先人気ランキング
  • 留学先人気ランキング
  • 留学期間
  • 留学資金調達額
  • 留学資金準備期間
  • 学費以外に必要な資金
  • 送金手数料
  • 留学前に確認すべきもの
 ソニー銀行は、留学を検討する親世代、ならびに留学経験のある子どもを持つ親世代を対象に、留学時のお金に関する調査を2016年8月16日から17日に実施し、その結果を10月5日に発表した。

 「留学時のお金に関する調査」の有効回答数は252名。回答者の内訳は子どもの留学を検討している親が150名、留学を経験した子どもを持つ親が52名。子どもの留学を検討している親、留学を経験した子どもを持つ親を対象に、インターネット調査を行った。

 留学先の人気の国としては、英語圏である「アメリカ合衆国」が1位で62.6%、2位が「カナダ」で44.5%、3位が「オーストラリア」で38.7%。続いて「イギリス」、7位には「フランス」と、ヨーロッパ主要国を希望する親が多いことがわかった。アジアでは「シンガポール」が9位にランクインした。

 子どもの留学期間については、子どもの留学を検討している親では「6か月~2年未満」の回答がもっとも多く、長期で多くの知識や経験を取得してほしいと希望する親が多い一方で、実際に留学させた親の回答では「1か月未満」が最多になった。この結果より、短期留学が多いことが明らかとなった。

 留学資金の調達額について、子どもを留学させた経験者が実際に用意した費用は「100万円未満」が多いという結果になったが、これから留学させようとする検討者では100万円を超える費用を考えている人が多数派だった。

 また、留学資金の準備期間を留学経験者に対し質問したところ、「6か月未満」と答えた親が6割と、短期間で準備した人が多い中、10%の親は「5年以上」と回答し、留学資金を計画的に準備していた。

 学費以外に必要な資金については、検討者は住居費を多く上げたが、経験者からは現地での食費やおこづかいにお金がかかったとの回答が集まった。また、仕送り時の送金コストについて、経験者は1,000円台の支払いとの回答が多い一方で、11.8%の人が「10,000円以上」とするなど、送金コストが割高となっていた。

 また、留学前に確認すべきものとして、経験者から多く寄せられた回答は、「治安状況」と「お金の管理方法の取り決め」の2つが多いこともわかった。
《鶴田雅美》

特集

page top