ブランド価値ランキング、Apple 1位、Google 2位を獲得 | Push on! Mycar-life

ブランド価値ランキング、Apple 1位、Google 2位を獲得

エンタメ エンタメ

「Apple Watch Series 2」のプレゼンテーション(2016年9月7日)
  • 「Apple Watch Series 2」のプレゼンテーション(2016年9月7日)
  • 「Apple Watch Series 2」のプレゼンテーション(2016年9月7日)
  • 「Apple Watch Series 2」のプレゼンテーション(2016年9月7日)
インターブランドは、グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランキング化した「Best Global Brands 2016」を発表した。

17回目の発表となるグローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016」では、Appleが1位、Googleが2位を獲得。Appleは昨年比5%増の1,781億ドル、Googleは昨年比11%増の1,332億ドルとなった。AppleとGoogleが1位と2位を獲得するのは、4年連続のこととなる。

3位 Coca-Cola、4位 Microsoft。5位にはToyotaがランクインし、アジアブランド初のトップ5入りとなった。トップ100には、Honda 21位、Canon 42位、Nissan 43位、Sony 58位、Panasonic 68位と、日本から6ブランドがランクインしている。アジアのブランドでは、韓国からSamsung、Hyundai、Kiaの3ブランド、中国からHuawei、Lenovoの2ブランドがランクインした。

セグメント別に見ると、テクノロジーと自動車関連部門で合計29ブランドを占めている。リテール部門は、ブランド価値前年比19%増と最も成長の著しいセグメントとなった。

テクノロジー部門は、トップ10にApple、Google、Microsoft、Samsungの4ブランドがランクイン。また、Facebookが15位にランクイン。Facebookは、今年の成長ブランド第1位となった。このほか、Adobe、Huawei、Samsung、SAP、Googleが二桁のブランド価値向上を見せた。トップ100ブランドのブランド価値の合計は,前年比4.8%増の1兆7,963億ドルとなっている。

■トップ20
・1 Apple
・2 Google
・3 Coca-Cola
・4 Microsoft
・5 Toyota
・6 IBM
・7 Samsung
・8 Amazon
・9 Mercedes-Benz
・10 GE
・11 BMW
・12 McDonald's
・13 Disney
・14 Intel
・15 Facebook
・16 Cisco
・17 Oracle
・18 Nike
・19 Louis Vuitton
・20 H&M
《美坂柚木》

特集

page top