【予告編】ベン・スティラー&ナオミ・ワッツ、世代間ギャップに困惑!『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 | Push on! Mycar-life

【予告編】ベン・スティラー&ナオミ・ワッツ、世代間ギャップに困惑!『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

前作『フランシス・ハ』が日本でもスマッシュヒットとなったノア・バームバック監督のもと、ベン・スティラー&ナオミ・ワッツとアダム・ドライバー&アマンダ・セイフライド

エンタメ エンタメ
『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
  • 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』ポスター (c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC.
前作『フランシス・ハ』が日本でもスマッシュヒットとなったノア・バームバック監督のもと、ベン・スティラー&ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバー&アマンダ・セイフライドという豪華な2組のカップルの世代間“ギャップ”と成長を描く『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。このほど、その待望の予告編映像が解禁となった。

ニューヨーク・ブルックリンに暮らす、世代の違うカップルたちのモラルや価値観のズレ、成功への夢と野心のぶつかり合いを、リアルかつユーモラスに描いた本作。流行最先端の街のライフスタイルとカルチャーを80年代のサウンドに乗せて贈る、クスッと笑えて、ちょっぴりほろ苦く、最後には胸が熱くなる“迷子の大人たち”の成長物語となっている。

この度解禁された予告編では、研ぎ澄まされた人間観察力とシニカルな語り口、それでいてハートフルな温かさで包み込むそのスタイルから“ポストウディ・アレンの大本命”と注目されているバームバック監督らしさが炸裂。

何と言っても、人生にも夫婦にも“何かが欠けてしまった”と感じているミドルエイジの夫婦ジョシュ(ベン・スティラー)とコーネリア(ナオミ・ワッツ)と、常識に縛られずクリエイティブに生きる20代のジェイミー(アダム・ドライバー)とダービー(アマンダ・セイフライド)の対比には要注目。

40代カップルがすぐ「ググろう」とインターネットに頼ろうとするのに対し、20代カップルは自分たちで解決しようと諭すシーンはまさに象徴的。20代カップルがレコードやタイプライター、ビデオテープといったレトロなカルチャーを愛用し、“1周回って”辿り着いた“生の体験”を大事にする様子も描かれていく。

また、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のカイロ・レン役で一気にスターダムに上り詰め、カンヌ映画祭ではジム・ジャームッシュ監督と組んだ主演作『Paterson』(原題)がコンペ部門に出品されているアダムのまさかのエプロンに短パン姿や、『追憶の森』でのシリアス演技も記憶に新しいナオミのヒップホップダンスなど、必見の“ギャップ”シーンが盛りだくさん。


誰もが一度は経験したことがあるだろうジェネレーションギャップは、彼らにどんな成長をもたらすのか、期待高まる予告編となっている。

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』は7月、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top