森田剛の“連続殺人鬼”にイタリアも驚愕! ウディネ映画祭初参加に「光栄」 | Push on! Mycar-life

森田剛の“連続殺人鬼”にイタリアも驚愕! ウディネ映画祭初参加に「光栄」

エンタメ エンタメ

『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
森田剛が初主演を務め、狂気の連続殺人鬼役に挑んだ衝撃作『ヒメアノ~ル』。この度、本作が正式出品されている、現在イタリアで開催中の「第18回ウディネ・ファーイースト映画祭」にて、4月25日(現地時間)、森田さんと吉田恵輔監督が参加し、ワールド・プレミア上映を行った。

「ヒミズ」などを世に送り出した人気漫画家・古谷実の衝撃の問題作を実写化する本作には、主演の森田さんをはじめ、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシらが参加。また、『麦子さんと』『銀の匙 Silver Spoon』などを手掛ける吉田監督がメガホンをとった。

4月25日、上映を待ち望んだ現地の人々が、上映前から長蛇の列をなし地元イタリアだけでなく、ヨーロッパや南米からも本作のワールド・プレミア上映を待ち望んで来場。会場1,200人の観客から温かい拍手が注がれる中、森田さんと吉田監督は、上映前に緊張した面持ちで登壇。まず、森田さんが「今回、海外のこういった形で、映画祭に参加することが初めての経験ですが、ウディネに来ることができ、光栄です」と挨拶し、「このタイミングで吉田監督に出会えたことも、すばらしい出会いだと思っています」と話した。一方監督も、「ウディネに来れてとても嬉しいです。イタリアに来る1週間ぐらい前から仕事の相手に『来週からイタリアにいるのでスケジュールがありません』と言うことができて、とても気持ち良かったです(笑)」と喜びを露わにしていた。

容赦ない描写を体現する森田さんと、共演者たちのコミカルな恋愛劇とのギャップが異様な緊張感を生み出す本作だが、ふたつの世界が交じり合い、緊迫感溢れるシーンが連続すると、会場全体が固唾を呑んで物語の展開を見守っていた。上映終了直後には、嵐のような拍手喝采が巻き起こり、観客の様子を見ていた吉田監督は、「予想外のところで笑ってくれたり、ビックリするくらいのリアクションの大きさで、ウディネのお客様と一緒に作品を観賞できて良かったです」と新しい発見があったと述べ、森田さんは「映画祭と言うものにはご縁がないだろうと思っていましたが、今後もタイミングがあえば是非参加したいです!」と新しい刺激を受けていた様子。

また、本映画祭に参加していた『時をかける少女』『ふたり』などで知られる大林宣彦監督は、森田さんと吉田監督のウディネ入りを誉め称え、若き才能を賞賛した。本映画祭の代表で最高顧問のサブリナ・バラチェッティもまた、「この作品の緩急の効いたストーリー展開は、ヒリヒリと観客をしめつけ、最後は憐れみさえも感じる映画」とコメントを残し、同じく本映画祭のフェスティバルアンバサダー、マーク・シリングは「ライトコメディからダークドラマへの急展開。心構えなしには観られない怪作の誕生だ」と語るなど、異国の地イタリアでも大きな盛り上がりをみせていた。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top