早くも2017年ランドセル登場、お目当ては今からチェックを…3社まとめ | Push on! Mycar-life

早くも2017年ランドセル登場、お目当ては今からチェックを…3社まとめ

教育 教育

イオン:「こども基準性能」を追求した「トップバリュ かるすぽランドセル」
  • イオン:「こども基準性能」を追求した「トップバリュ かるすぽランドセル」
  • イオン:トップバリュセレクト スマート(GIRL)
  • イオン:トップバリュセレクト グランデ(BOY)
  • イオン:トップバリュ 24色ランドセル
  • セイバン:関西エリア初の直営店「SEIBAN SHINSAIBASHI」外観イメージ
  • セイバン:関西エリア初の直営店「SEIBAN SHINSAIBASHI」店内イメージ
  • セイバン:関西エリア初の直営店「SEIBAN SHINSAIBASHI」店内イメージ
  • 土屋鞄:職人がひとつひとつ仕上げるランドセル
 真新しいランドセルを背負った新1年生の姿がまだ初々しいこの時期、早くも2017年モデルのランドセル発表が始まる。近年、カラー展開や素材、デザインが豊富になり、職人の手作りやこだわりの一品など、年々バリエーション豊かに購入時期も早まっている。

 4月に発表された新ランドセル情報や、新しくオープンしたランドセル店情報をまとめて紹介しよう。

◆かるすぽランドセル2017発表、4月22日に予約販売会開催

 イオンリテールでは、「トップバリュ かるすぽランドセル」2017の販売を開始。4月22日から、順次全国240店舗の「イオン」「イオンスタイル」で早期予約販売会を開催する。同日午前10時には、イオンオンラインショップでの販売も開始する。

 2017年の「かるすぽランドセル」は「こども基準性能」を追求し、つよい・かるい・おおきい・心地よい「トップバリュ かるすぽランドセル」を103種類のラインアップで展開する。価格帯は35,000円~140,000円(税別)。

◆関西エリア初、心斎橋に「天使のはね」直営店オープン

 「天使のはね」シリーズを手がけるセイバンは、4月22日に関西エリア初となる直営店「SEIBAN SHINSAIBASHI」を大阪府大阪市の心斎橋にオープンする。4月6日に発売したアイテムに加え、セイバンのオンラインストアと直営店のみの限定モデル「本革ランドセル ホマレ」など、全商品21モデル約66アイテムを取り揃える。

 実際に「見て・触れて・体感」できる体験型店舗づくりを行い、ランドセルコンシェルジュによるランドセル選びのサポートも用意した。直営店オープンを記念し、ランドセル購入者には「キラデコシールアート」をプレゼントする企画も実施中。

◆「牛革プレミアムシリーズ」に新色登場…土屋鞄製造所

 職人がひとつひとつ手間を惜しまず手作りでランドセルを仕上げる土屋鞄製造所は、現在2017年モデルを製造中。2017年モデルでは、人気の「牛革プレミアムシリーズ」に新色「ラズベリーピンク」を追加する。創業50周年を記念して誕生したランドセル「軽井澤」には、品格のある佇まいをさらに追求した新色「ヘーゼルブラウン」が加わる。

 そのほか、アーティストと一緒につくる絵本のようなランドセル「アトリエ」シリーズにも新作が登場する。いずれの新作ランドセルも、詳細は4月22日からは順次土屋鞄製造所Webサイトに掲載される予定。製品カタログの請求も受け付けている。

 小学校の6年間をともに過ごすランドセル。多くの選択肢の中から、快適な学校生活をサポートするお気に入りのひとつを見つけてほしい。
《畑山望》

特集

page top