ディズニーが最先端の映像テクノロジーで描く実写版『ジャングル・ブック』8月公開へ | Push on! Mycar-life

ディズニーが最先端の映像テクノロジーで描く実写版『ジャングル・ブック』8月公開へ

エンタメ エンタメ

『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
  • 『ジャングル・ブック』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
  • ベン・キングズレー -(C) Getty Images
  • ビル・マーレイ-(C)Getty Images
  • ルピタ・ニョンゴ-(C) Getty Images
  • クリストファー・ウォーケン-(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン-(C) Getty Images
ディズニーが最先端の映像テクノロジーで描く『ジャングル・ブック』。先週末に全米で公開され、週末オープニング1億ドルを突破し全米初登場1位を記録した本作が、8月11日(木・祝)に日本でも公開することが発表された。

ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか? それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか?

本作は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげる感動の生命の讃歌。監督には『アイアンマン』シリーズの大ヒット・メーカー、ジョン・ファヴロー。さらに、2度のアカデミー賞に輝く視覚効果スーパーバイザーのロバート・レガートをはじめとするハリウッド最高峰の映像制作チームが結集。実写もアニメーションも超えた最先端の映像テクノロジーによって、モーグリ以外は動物も大自然もすべてがCGで表現され、現実以上にリアルでありながら、現実世界には決して存在しえない“人間味”あふれる動物たちや、息をのむほど美しいジャングルが誕生。“『アバター』以来の心奪われる世界を描いた映画”と評されている最先端の映像テクノロジーや、ハリウッドを代表する豪華スターが集結した声優陣にも注目が集まっている。

そんな注目の声優陣には、強烈な個性を放つ動物たちとして、『アイアンマン3』のベン・キングズレー(黒ヒョウのバギーラ)、『ミケランジェロ・プロジェクト』のビル・マーレイ(クマのバルー)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』のルピタ・ニョンゴ(オオカミのラクシャ)、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のクリストファー・ウォーケン(巨大なサルのキング・ルーイ)、『アベンジャーズ』シリーズのスカーレット・ヨハンソン(ヘビのカー)など、主役級の名優たちが、動物たちに命を吹き込んでいる。そしてモーグリ役には、2,000人ものオーディションから選ばれた12歳の新人ニール・セディが抜擢。「彼に特別な“何か”があるのは一目瞭然だった」とファヴロー監督も語る新星が、物語に登場するたった1人の“人間”を演じる。

日本公開に先駆け、現地時間4月15日(金)に全米4028スクリーンで公開された本作は、全米初登場1位を獲得、公開3日間で興行収入約1億356万7,000ドル(約111億8,520万円)の大ヒットスタートとなり、4月に公開された映画で歴代第2位を記録している。また全世界49地域で公開され2億9千96万7,000ドル(約314億2,440万円)に達成した。圧倒的な映像美で映し出される力強い生命の物語に、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価でも、95%という高評価を獲得しているようだ。

ディズニーが贈る、いまを生きるすべての人々に捧げる奇跡のエンターテインメント。この夏、日本にも驚きと共感の渦を巻き起こすことだろう。

『ジャングル・ブック』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top