【予告編】『シン・ゴジラ』高良健吾&大杉漣ら328名豪華キャスト!最新“ゴジラ”のビジュアルも解禁 | Push on! Mycar-life

【予告編】『シン・ゴジラ』高良健吾&大杉漣ら328名豪華キャスト!最新“ゴジラ”のビジュアルも解禁

エンタメ エンタメ

『シン・ゴジラ』(C)2016 TOHO CO.,LTD.
  • 『シン・ゴジラ』(C)2016 TOHO CO.,LTD.
  • 『シン・ゴジラ』(C)2016 TOHO CO.,LTD.
  • 『シン・ゴジラ』(C)2016 TOHO CO.,LTD.
先日発表された『ゴジラ対エヴァンゲリオン』のコラボレーション企画が注目を集め、ますます話題を呼んでいる『シン・ゴジラ』。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみらが本作に出演することがすでに決定しているが、この度新たに高良健吾、大杉漣、柄本明、余貴美子、國村隼、ピエール瀧らの参加が決定。また併せて、最新“ゴジラ”のビジュアル&予告編も到着した。

『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりに日本製作のゴジラシリーズとなる本作。2014年に10年ぶりの復活を遂げたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』は、63の国と地域で公開され大ヒットを記録。そして早くもそれを上回るいままでに誰も見たことのない“ゴジラ”がここに誕生した。さらに本作のゴジラは、“現代日本に初めて現れたゴジラ”という新たな設定も追加されているそうだ。

メインキャストには、内閣官房副長・矢口蘭堂官役の長谷川さんをはじめ、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内さん、米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースン役で石原さんが出演。そして今回新たに加わることになったのは、総勢328名にも上る豪華キャスト。月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で主演を務めた高良さんが、内閣官房副長官秘書官役、大杉さんが内閣総理大臣役、『ゴジラvsスペースゴジラ』(’94)に出演していた柄本さんが日本政府閣僚役、同じく日本政府閣僚役に余さん、自衛隊関係者役に國村さんとピエールさんが参加し、ほかにも、若手から個性派俳優陣、また歌手、アーティスト、映画監督など、ジャンルを超えた超豪華オールスターキャストが実現した。

また併せて上半身のみしか公開されていなかった“ゴジラ”の全身ビジュアルも解禁! 1954年に公開された初代ゴジラを彷彿とさせる、腕が小さく、直立した姿勢でありながら、不規則に並んだ歯や、内側から赤い発光を感じる表皮など、随所に本作ならではの設定が見受けられる。庵野秀明総監督こだわりの、日本のゴジラ史上初フルCGで作られた史上最大にして最強のゴジラが遂にその全貌を現した。

そして今回、庵野監督自ら作り上げた予告編も到着。ゴジラの雄叫びと共に始まる90秒にわたる映像では、「エヴァンゲリオン」シリーズの音楽を手掛けてきた鷺巣詩郎による書き下ろしの劇中曲にのせて、今回発表された追加キャスト陣の競演シーン、そして自衛隊全面協力のもと撮影された戦車や飛行機など、大規模で大迫力の本作を感じることができる。自衛隊から総攻撃を受けるゴジラ。怒れるようにも見えるゴジラの運命は!? そしてニッポンの運命やいかに――!?


なお、この“動くゴジラ”が覗ける映像は、4月15日(金)より全国の劇場にて見ることができる。また本作は、映画の世界観を体感することのできる3種類同時の特別興行「IMAX」「4DX」「MX4D」という、アトラクション型、体感系興行の実施も決定。視覚だけでなく五感でゴジラを楽しめるようだ。芸能界きっての超豪華キャストが勢ぞろいし、日本最大規模の総キャスト数となった本作。撮影時期は「ゴジラの現場以外、日本から俳優が消えた」と多く人たちから苦情を受けたと話すエグゼクティブプロデューサー・山内章弘。しかしその甲斐ある映画になったと自信もみせている。そんな期待高まる大々的なプロジェクトの今後の続報を楽しみに待ちたい。

『シン・ゴジラ』は7月29日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top