代ゼミ、スマホで学習記録が把握できる「Studyplus for School」導入 | Push on! Mycar-life

代ゼミ、スマホで学習記録が把握できる「Studyplus for School」導入

教育 教育

「Studyplus for School」機能
  • 「Studyplus for School」機能
  • 「Studyplus for School」導入メリット
  • 勉強系アプリ「Studyplus」
 代々木ゼミナールは4月11日、スタディプラスが開発した教育機関向け学習管理コミュニケーションプラットフォーム「Studyplus for School」を、2016年度新学期より導入したと発表した。導入により、効率的な学習支援が可能となる。

 スタディプラスが開発、提供を行っている勉強系アプリ「Studyplus」は、2016年4月時点で約160万人の高校生が利用している。代々木ゼミナールが導入した「Studyplus for School」は、Studyplusを教育機関向けに開発したもの。今回、代々木ゼミナールは教育機関として初めて導入した。

 「Studyplus for School」を導入することにより、生徒自身は自分の受講する講座や使用するテキストの学習状況を手軽に記録することができるほか、グラフ化された学習記録により自分の学習状況を視覚的に把握できるようになった。また、公開されたほかの受講生の学習記録も参考できるため、タイムラインで学習記録を共有し、お互いの勉強の励みにするという使い方もできるという。担任スタッフは、受講生の学習データを把握することができるので、より細やかな学習支援も可能になる。

 代々木ゼミナールでは2016年度新学期より「Studyplus for School」を導入。「代ゼミ高校生コース」在籍生は「Studyplus」のアプリを使って各自の学習状況の記録や、生徒間での学習情報の交換・共有を行うことができる。
《外岡紘代》

特集

page top