【特別映像】『のぞきめ』白石隼也、板野友美と「いいカップルになれたら…」 | Push on! Mycar-life

【特別映像】『のぞきめ』白石隼也、板野友美と「いいカップルになれたら…」

エンタメ エンタメ

白石隼也/『のぞきめ』(C)2016 「のぞきめ」製作委員会
  • 白石隼也/『のぞきめ』(C)2016 「のぞきめ」製作委員会
  • 白石隼也/『のぞきめ』(C)2016 「のぞきめ」製作委員会
  • 白石隼也/『のぞきめ』(C)2016 「のぞきめ」製作委員会
  • 『のぞきめ』(C)2016 「のぞきめ」製作委員会
  • 『のぞきめ』 - (C) 2016「のぞきめ」製作委員会
  • 『のぞきめ』 -(C) 2016「のぞきめ」製作委員会
  • 『のぞきめ』 -(C)2015映画「のぞきめ」製作委員会
板野友美が初主演を務める衝撃のジャパニーズ・ホラー『のぞきめ』。本作で板野さん演じるヒロインの恋人役を演じた白石隼也のインタビュー映像が、シネカフェに到着した。

本格ミステリ大賞を受賞した、作家・三津田信三によるホラー小説を原作にした本作。テレビ局のADをしている三嶋彩乃(板野さん)は、ある青年の謎めいた怪死事件を取材。その死に様とは、腹がよじれ、口から泥を吐き出した異様なもので、その青年の恋人は狂ったように「“のぞきめ”の仕業だ!」と顔を歪めている。実は彼らは、大学のサークルで一緒に山奥の合宿に行って以来、ずっと何かに“覗かれている”気がしていたのだ。関係者にも次々と“のぞきめ”の悲劇が起こり、やがてそれは彩乃自身の身にも…。

同じ場所で起きた、時代の異なる2つの怪事件をベースにした物語で、過去・現在に共通するのは事件のカギとなる“のぞきめ”の存在。窓、タンス、カーテンの隅。それは日常のあらゆる場所に存在する“ほんの数ミリの隙間”から視線を投げかけ、目があった人間を恐怖のどん底に突き落とすのだ。

今回、インタビュー動画が到着したのは、「仮面ライダーウィザード」('12)で主人公の操真晴人/仮面ライダーウィザードを演じて注目を浴び、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』や「Netflix」で配信中のドラマ「グッド・モーニングコール」などで活躍、本作では板野さん演じる彩乃の恋人・津田信二を好演している白石さん。

撮影初日を終えたタイミングのインタビューだったため、役作りについて、板野さんとの共演について、受け答えも初々しく几帳面で誠実な雰囲気を放ちながら語る姿は、母性本能をくすぐる。実は映画のラストに、白石さん演じる津田の正体に驚かされるシーンが待ち構えているのだが、そのヒントも(?)インタビュー内容から垣間見られるようになっている。


一度観てしまったら最後、背後や隙間からの“視線”が気にならずにいられない『のぞきめ』。カップルで見て「怖い!」と感じてほしいという本作を、劇場で確かめてみては?

『のぞきめ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top