【特別映像】二階堂ふみ、金魚のように口をパクパク!? 大杉漣も「可愛いでしょう」 | Push on! Mycar-life

【特別映像】二階堂ふみ、金魚のように口をパクパク!? 大杉漣も「可愛いでしょう」

エンタメ エンタメ

『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
“憑依系”女優の二階堂ふみが少女の姿に変貌した“金魚”に扮し、近代を代表する文豪・室生犀星の原作を映画化した『蜜のあわれ』。このほど、二階堂さんがまるで金魚のように口をパクパクとさせるメイキング映像が解禁となった。

赤子(二階堂さん)は、あるときは女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」。奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく。そんなあるとき、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が奇妙な三角関係(?)の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて…。

『シャニダールの花』『ソレダケ that's it』などで知られる鬼才・石井岳龍が、犀星自身を想起させる老作家と、彼の妄想から生まれた少女の姿に変貌する金魚との艶やかで濃密な恋を描く本作。二階堂さんは、金魚のような赤い衣装に身を包み、丸いお尻で自分のことを“あたい”と呼ぶ少女・赤子を無邪気かつ、ときにエロティックに好演する。

今回解禁となったのは、突然目の前に現れた老作家の過去の女である幽霊・ゆり子(真木さん)について赤子が老作家に話すシーンのメイキング映像。大杉さん演じる老作家の隣で、口をパクパクする練習をする二階堂さんのキュートな姿が収められている。


猫、タヌキに続いて、人間以外の役は本作が3度目だという二階堂さん。より金魚らしい演技の研究に余念がない。水面に顔を出す金魚のように、「口をパクパクさせてみては?」とアドバイスしたのは老作家役の大杉さん。何度も練習する二階堂さんの顔を見て、思わず顔をゆるませ「可愛いでしょう、金魚さんだから」とニコニコ。また、スタッフとも「鯉と金魚のパクパクの違いは!?」と盛り上がる場面も。そんな二階堂さんは、メイキングのラストにはカメラ目線で “金魚口”を披露! そのとびきりなキュートさを、ここから確かめてみて。

『蜜のあわれ』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top