シャーリーズ・セロン、ショーン・ペンとの破局を涙ぐみながら語る | Push on! Mycar-life

シャーリーズ・セロン、ショーン・ペンとの破局を涙ぐみながら語る

エンタメ エンタメ

ショーン・ペン&シャーリーズ・セロン(C)Getty Images
  • ショーン・ペン&シャーリーズ・セロン(C)Getty Images
  • シャーリーズ・セロン&ショーン・ペン-(C)Getty Images
  • シャーリーズ・セロン/【第88回アカデミー賞】(C)Getty Images
  • シャーリーズ・セロン-(C)Getty Images
シャーリーズ・セロンが、ショーン・ペンとの1年半の交際と破局について語った。

「The Wall Street Journal」紙のインタビューでシャーリーズは以前から、もっと子どもが欲しいと考えていたという。そのことについては「ショーンにもいつも正直に話していたわ。彼はとても協力的だった」と彼女は言う。何年も前から友人同士だった2人が交際を始めたのは、シャーリーズが息子のジャクソンを養子にしてから2年ほど経った時期だった。

交際直後から、ショーンがジャクソンと養子縁組をすると報じられたが、「それは全く事実じゃないわ」とシャーリーズは否定する。「そんなことはたった18か月間で起きるものじゃない。子どもにそんなことをしてはいけないわ。私は幼い息子を持つシングルマザーであり、その息子に『ママはデートをするけど、父親はいない』と理解させなければならなかった。とても慎重に、とても誠実にならなければならないの。ショーンは素晴らしく対応してくれたわ」。

「彼は私がもう1人養子を迎えようとしていたことは知っていたけど、私たちが一緒に手続きをすることはなかったの」とショーンとの関係は望んだ形にはならなかった語ったシャーリーズは「パブリシストに殺されるわ。話し過ぎちゃった」と笑ったが、すぐ後に涙をこぼしたという。シャーリーズは昨年8月に2人目の養子として女児・オーガストを迎えている。

破局について様々な憶測が報じられたが、「物事をセンセーショナルに扱いたがる風潮があるわ。誰かと破局すると、その裏にはクレイジーな理由やドラマがあるはずだと思われてしまう」と言う。そして彼女自身の言葉で以下のように語った。「私たちは交際していたけれど、うまくいかなくなった。そして私たちは別れることを決意した。それだけよ」。
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top