【予告編】毒舌な“俺ちゃん”に全米が虜!? 『デッドプール』 | Push on! Mycar-life

【予告編】毒舌な“俺ちゃん”に全米が虜!? 『デッドプール』

エンタメ エンタメ

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
日本公開に先駆け、全米では2月12日に公開し、20世紀FOX映画史上最高のオープニング記録を叩き出した『デッドプール』。先日、日本公開日繰り上げが発表されたばかりの本作から、この度、待望の予告編が到着した。

かつて特殊部隊の有能な傭兵だった男、ウェイド・ウイルソン(ライアン・レイノルズ)は、好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐというヒーロー気取りの生活をしている。恋人との結婚を決意し幸せな日々を送っていたが、突然末期ガンを宣告される。ある組織から末期ガンが治せると聞かされた彼は、施設に連れて行かれ、そこで悲惨な人体実験を受ける。やがて、どんな攻撃を受けても回復できる肉体を手にするウェイド。しかし全身を醜く変化させられた彼は、施設から逃亡すると全身赤いコスチュームに身を包み自らを「デッドプール」と名乗るようになった。そして、自身を実験台にし人生を滅茶苦茶にした男に復讐を果たすことを決意する──。

タイトルでもあるデッドプールは、『スパイダーマン』『X-MEN』『アイアンマン』のマーベル・コミックが生み出した「無駄口の多い傭兵」という異色のキャラクター。ファンの中では屈指の人気を誇る、アメコミ史上最強最悪のアンチ・ヒーローだ。そんなデッドプールを主役にした本作は、口が達者で常にジョークを飛ばし、金次第で敵にも味方にもなる傭兵という異色のキャラクターが、如何にして生まれたかを描いたアンチ・ヒーローの誕生物語。ヒーローらしからぬ明るい毒舌家、主人公のウェイド・ウイルソン/デッドプールを演じるのは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じたライアン・レイノルズが好演。そのほか、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノが顔を揃えた。

日本公開に先立ち、全米ほかでは2月に公開した本作。初週週末興行成績は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や『アバター』を越えるオープニング記録。また120か国で初登場1位、全米では3週連続1位の快挙を達成するなどその人気を見せつけたようだ。

今回解禁されたのは、そんな各国で人気を博している本作の予告編。「後ろ寂しいなぁ、手貸して」とタクシードライバーに話しかけ、助手席に移動するデッドプール。「なぜ、赤いコスチュームを?」と尋ねられると、「クリスマスに悪い子をぶっ殺すためさ」とブラックジョークを披露するところから始まる。


「俺はスーパーだが、ヒーローじゃない。でも、愛する彼女が狙われたら“スーパーヒーロー”になっちゃうよ」との言葉と共に、デッドプールは音楽スタートの合図。映し出されるのは、うそみたいに繰り広げられるアクロバットなアクションシーンの数々。最後には、ムダな殺しをやめるように諭されるも「俺ちゃん正義の味方じゃねえし、そもそも誰も殺ってねえ」とごまかす姿も…。能天気で無責任、口から飛び出すのはジョークと毒舌ばかり。人類を守るなんて正義感はゼロ。色んな意味で期待を大きく超える“規格外”の魅力を放つNEWヒーローの日本上陸に、新たな期待が膨らむ予告編となっている。

『デッドプール』は6月1日(水)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top