高級ホテルに絶景、極上の音楽…『グランドフィナーレ』で気分はセレブ旅! | Push on! Mycar-life

高級ホテルに絶景、極上の音楽…『グランドフィナーレ』で気分はセレブ旅!

エンタメ エンタメ

『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
  • 『グランドフィナーレ』(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
『キングスマン』『インターステラー』『ダークナイト』3部作などで知られるイギリスの名優マイケル・ケインを主演に迎え、引退した音楽家の愛と葛藤を描く『グランドフィナーレ』。アルプスのふもとにある“セレブ御用達の高級ホテル”が舞台となった本作では、見ているだけでも贅沢な旅行気分が味わえるポイントが随所に盛り込まれていることが分かった。

クライマックスで演奏される「シンプル・ソング」がアカデミー賞「主題歌賞」に、そして大女優役を演じたジェーン・フォンダが圧巻の演技でゴールデン・グローブ賞にノミネートされるなど、本年度の賞レースを賑わせた本作。

主人公の引退した音楽家フレッド(マイケル・ケイン)は、マッサージを受けてのんびり過ごす日もあれば、アルプスの絶景が堪能できる道を散歩したり、夜にホテルで行われる催しを堪能したり…などなど、その高級ホテルで贅沢な生活を満喫している。そんな中、英国女王から彼の代表曲「シンプル・ソング」の指揮を依頼されるが、なぜかフレッドは頑なに断り続けるのだった――。

■ポイント1 監督こだわりの高級ホテルがすごい!
舞台となる“アルプスの高級ホテル”は、瀟洒で歴史を感じさせる建物ながら、サービスは至れり尽くせり、いわばセレブも御用達の “若返りホテル”だ。本作を手がけたパオロ・ソレンティーノ監督は、並々ならぬこだわりを持っていたようで、「映画のロケーションについては、山間の場所を探していたのだが、それというのも、私がスパのあるホテルにこだわっていたからで、以前はサナトリウム(療養所)だったのを改築したホテルを私が見つけ出した」と語る。

「偶然にも、そこは(ドイツのノーベル文学賞作家)トーマス・マンが『魔の山』に書いた場所だったが、映画は全くその本と関係なく、全くの偶然なんだ。見つけにくいような古いホテルを探していたんだけど、撮影に使ったホテルはスイスにある。トーマス・マンと所縁のあるホテルなので、所有者たちが改築などには慎重で、当時のままを留めるようにしていた。だから美しさという点でもとても良くて、登場人物たちの年代にも非常に合っていた」。

映画全体を包むどこか“幻想的”な雰囲気は、もしかしたら、監督が必死で見つけ出したこのホテルが作り出しているのかもしれない。フレッドのホテル暮らしを目のあたりにすれば、優雅なセレブのバカンス気分を疑似体験できそうだ。

■ポイント2 スイス、ヴェネチア…世界の絶景が贅沢すぎる!
スイスの緑あふれる山道を散歩するシーンも多い本作。広大な大自然は、観ているだけで時間がゆったり流れていくような感覚が味わえるそう。さらに、“世界の最も美しい広場”との呼び声が高いヴェネチアのサンマルコ広場は、本作の中でも、印象的な形で登場する。CGを施し、フレッドが湖に浮かぶ一本道を歩くシーンは、撮影時が夜ということもあって見事にライトアップされ、より幻想的なシーンに仕上がっている。常に観光客で賑わうサンマルコ広場を、まるで独り占めしているかのような気分を味わえる、なんとも贅沢なシーンだ。

■ポイント3 ポップスからオペラまで…極上な音楽も旅のお供!
アカデミー賞ノミネートの主題歌『シンプル・ソング』を始め、ストラヴィンスキーやドビュッシーといったクラシックから、ファレル・ウィリアムズまで、さまざまなジャンルの名曲が彩る本作。劇中では、ホテルの夜の催しでアルプホルンが演奏されたり、ライブが行われたり…と、一日の終わりにさまざまな音楽が華を添えてくれるのも、セレブたちが集う高級ホテルならでは。

そして旅行といえば、旅先での出会いもその醍醐味の一つ。本作では、フレッドが親友の映画監督ミック(ハーヴェイ・カイテル)や、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)、そしてホテルで出会う人気俳優のジミー(ポール・ダノ)たちと関わっていく中で、心にある変化が生じていく。彼がホテルで共に過ごす人々の人間模様も必見なのだ。

高級ホテルに絶景、そして極上の音楽、個性豊かな人々との出会い…。本作でセレブな旅行気分を味わってみては?

『グランドフィナーレ』は4月16日(土)より新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamura ル・シネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top