小泉今日子が巧みに家庭を操る? エプロン主婦姿に喫煙シーンも! | Push on! Mycar-life

小泉今日子が巧みに家庭を操る? エプロン主婦姿に喫煙シーンも!

エンタメ エンタメ

「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
  • 「家庭内失踪」ゲネプロ
小泉今日子と風間杜夫が倦怠期の夫婦を演じる舞台「家庭内失踪」が本多劇場(下北沢)にて開幕! 3月11日(金)、関係者、報道陣を前にしての公開舞台稽古が行われた。

岩松了の作・演出による本作で、風間さんは高校教師を定年退職した夫・野村を、小泉さんはその後妻で二十歳も年の離れた雪子を演じている。雪子はかつて、一度は野村に別居を申し出たが、叶わぬままダラダラと夫婦生活を続けている。そこへ、野村の亡くなった先妻の娘で、結婚して家を出ていたかすみ(小野ゆり子)が、夫との関係をこじらせて家へ戻ってくる! 

これだけであれば、意外とありそうなちょっとギクシャクした家族の物語だが…これで終わらないのが岩松版のホームドラマ! 野村、雪子、かすみの3人の暮らす一軒家に奇妙な男たちが頻繁に出入りする。

まず一人目は、かすみの夫・石塚の部下であり、石塚の命を受けかすみの帰宅の説得をする若者・多田(落合モトキ)。もう一人は、近所のアパートに住み、本来は家もあり、妻もいるのに、なぜか妻には自分が失踪したと見せかけ、近くで妻の様子を観察する謎めいた中年・望月(岩松了)。さらに、かすみの夫の石塚が所属するストリングカルテットの会の仲間だという青木(坂本慶介)。一家3人と奇妙な訪問者たちはそれぞれに使命や恋心、復讐心に猜疑心など腹に一物抱えており、そうした感情が入り混じっていく…。

特に、小泉さん演じる雪子が巧みに他人の心理を操っていくさまは、ゾクリと恐ろしさを感じさせるが、同時に、不思議と強く美しく、時に妖艶な魅力を放つ。決して若々しいわけではなく、エプロン姿の所帯じみた姿さえも見せる一方で、寝間着の浴衣姿で佇みエロティックな一面を見せ、さらに赤い口紅&スカートでタバコに火をつけ、煙を吐き出すさまはクール!

言葉とは裏腹の心の内が映し出され、操っていると思っている側が、実は操られていたり、そんな状況をさらに後ろから見つめている者もあり…と一筋縄ではいかないが、一家の行きつく先は…? 凶器と独特のユーモア、愛情が混じり合った異色のドラマとなっている。

「家庭内失踪」は本多劇場にて上演中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top