【特別映像】ジョン・ラセターが語る、『アーロと少年』&『トイ・ストーリー』の共通点 | Push on! Mycar-life

【特別映像】ジョン・ラセターが語る、『アーロと少年』&『トイ・ストーリー』の共通点

エンタメ エンタメ

『アーロと少年』 - (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アーロと少年』 - (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アーロと少年』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ベビー・アーロ/『アーロと少年』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アーロと少年』(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アーロと少年』ポスタービジュアル (C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
安田成美、松重豊、八嶋智人、片桐はいりが日本語吹き替えとして出演するディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』。この度、本作の製作総指揮を務めるジョン・ラセターが、本作と自身が監督などとして制作に関わった『トイ・ストーリー』シリーズとの共通点を語る特別映像が到着した。

世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、『Mr.インクレディブル』『カーズ』『インサイド・ヘッド』など世界的な大ヒット作を生み続けてきたディズニー/ピクサー。最新作の本作は、“もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら?”というアイデアから、愛する家族と離れ離れになった弱虫でひとりぼっちの恐竜・アーロと、怖いもの知らずの少年・スポットの友情と絆を描いた感動のストーリーだ。日本語吹き替え版には、アーロの母・イダ役の安田さん、父・ブッチ役の松重さん、その子どもナッシュとラムジー役に八嶋さんと片桐さんが出演している。

今年は『トイ・ストーリー』が日本で公開されて20年となる記念すべき年。今回解禁されたのは、ディズニー黄金期の立役者であり、本作の製作総指揮を務めるラセター自らが「本作で描かれるアーロとスポットの関係は『トイ・ストーリー』のウッディとバズの友情を思い出させる」と語る特別映像。

“弱虫で怖がり”な恐竜アーロと“怖いもの知らずで勇敢”な人間の少年スポットは、大きさも性格も何もかもが正反対。それゆえに始めは相容れない二人だが、たった一つの共通点は“ひとりぼっち”だということ。言葉が通じなくても、二人は次第に心を通わせ親友になっていく。そんな関係性がまさに『トイ・ストーリー』の最強バディ、ウッディとバズの関係性とそっくりなのだ。

映像では、2つのアニメーションの一部が流れると共に、ラセターが両作の共通点を語っている。「この映画の息をのむような美しさと笑いにきっと心動かされる」と語るラセターは、本作が『トイ・ストーリー』の公開から20周年を記念するのにふさわしい作品だという自信をのぞかせている。

本作で描かれるアーロとスポットは種族も性格も違い、言葉も通じず、さらにある事情からアーロはスポットに対して反感を持っていた。しかし、離れ離れになってしまったアーロの家族に会うため大冒険に出ることになった二人は、旅の途中さまざまな困難に襲われるが、一緒に乗り越えていくうちに絆が深まっていく。

一方で、『トイストーリー』のウッディとバズも、いまでこそ大親友だが、始めは争ってばかり。しかし、ある日二人は「おもちゃ殺し」と呼ばれる少年シドに捕まってしまい、アンディの家に帰るという同じ目的を持って困難を乗り越えるうちにいつしか二人に固い友情が芽生え、お互いを認め合う唯一無二の親友となっていく。

ディズニー/ピクサーはこれまでも一貫して“友情”をテーマに映画を制作してきたが、本作はこれに加え、アーロがスポットとの友情を通じて一歩踏み出し成長する姿を内面から描き、誰もが共感できる物語を描くことに挑戦している。また本作の監督ピーター・ソーンは「本作は主人公がとても若い初めてのピクサー映画なんだ。アーロがまさに年齢の変わり目にいて、成長し大人になっていく姿を描こうと思った。だから 当初アーロは25歳くらいの設定だったんだけど、11歳に変更したんだ。そうすることで大人に成長する過程を描くことができ、誰もが共感できる物語になると思ったんだ」と、アーロの成長を描くために年齢の設定を変えたことも明かしている。


『アーロと少年』は3月12日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top